店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    ダブルベッドとクイーンベッドはどんな違いがある?部屋の広さごとのレイアウト例も紹介

    ダブルベッドとクイーンベッドはどんな違いがある?部屋の広さごとのレイアウト例も紹介
    2024年4月16日

    ふたり以上で使えるベッドを探している人のなかには、ダブルベッドとクイーンベッドのふたつのサイズで迷うケースもありますよね。そもそもダブルベッドとクイーンベッドでは、どれくらいサイズに違いがあるのかわからない人もいるでしょう。

    そこで本記事では、ダブルベッドとクイーンベッドのサイズの違いについて詳しく解説。さらにダブルベッドとクイーンベッドのレイアウト例を部屋の広さ別で紹介するので、サイズを迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数20万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム


    ダブルベッドとクイーンベッドのサイズの違い

    ダブルベッドとクイーンベッドは、横幅が約20センチ違います。まずは、それぞれのベッドサイズからみていきましょう。

    ダブルベッドの具体的なサイズとは?

    3畳の寝室にダブルベッドを置いた画像

    ダブルベッドのサイズは、横幅約140センチ・長さ約195センチです。推奨人数は大人ふたりまでで、カップルや夫婦におすすめのサイズといえます。

    ダブルベッドは3畳の広さがあれば置けるサイズですが、テーブルや棚を置くなら6畳以上がおすすめです。また6畳の広さがあると、一人暮らしの部屋にも置けます。

    クイーンベッドの具体的なサイズとは?

    4畳の寝室にクイーンベッドを置いた画像

    クイーンベッドのサイズは、横幅約160センチ・長さ約195センチです。推奨人数は大人ふたりまでですが、乳幼児ひとりであればひとつのベッドに家族で寝られます。

    クイーンベッドは4畳の広さがあれば置けるサイズですが、ベッド以外の家具を置くなら8畳以上がおすすめです。

    ダブルベッドとクイーンベッドはどちらが快適に寝られる?

    ダブルベッドとクイーンベッドの比較画像

    ダブルベッドとクイーンベッドのどちらで快適に寝られるかは、体格によっても異なります。小柄〜標準体型の人であれば、ダブルベッドでも無理なく寝られる場合が多いです。

    しかし体格がいい人は、ダブルベッドを使用すると狭いと感じる場合もあります。ふたりで使用するベッドを選ぶ際は、体格にあわせてサイズを選ぶと睡眠環境が整えやすくなるでしょう。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    私は大人ふたりでダブルベッドを使っていましたが、ホテルでクイーンベッドを使用した際に寝返りのしやすさを感じました。ふたりとも標準体型ですが、現在はクイーンベッドを使用しています。

    クイーンベッドでも2人で寝ると狭いと感じることもある?

    クイーンベッドはダブルベッドよりも横幅が約20センチ広いですが、体格によっては狭いと感じる可能性もあるでしょう。

    とくにふたりとも体格がよい場合は、クイーンベッド以上のサイズやひとり用のベッドをふたつ並べた方がいいケースもあります。

    ベッド選びはサイズに囚われるのではなく、ゆとりを持って寝られるサイズを選ぶことが大切です。


    ケース別でみるダブルベッドとクイーンベッドの後悔しない選び方

    ここからは、ダブルベッドとクイーンベッドの後悔しない選び方をケース別で紹介します。

    ダブルベッドよりクイーンベッドを選んだ方がいいケース

    子育てにおすすめのクイーンベッドの画像

    ダブルベッドは、推奨人数がふたりまでです。将来的に子どもを設ける予定のある夫婦は、クイーンベッドを選ぶとよいでしょう。妊娠・出産を機にベッドを買い替える必要がなくなります。

    またクイーンベッドなら、将来的に子どもと別々で寝ることになった場合でも使い続けやすいです。

    クイーンベッドよりダブルベッドを選んだ方がいいケース

    狭い部屋に置きやすいダブルベッドの画像

    部屋が狭い場合は、クイーンベッドよりもダブルベッドがおすすめです。とくにベッド以外の家具を設置予定の場合は、クイーンベッドを置くと置ける家具のデザインが限られるケースもあります。

    狭い部屋をふたりで使用できるようにするなら、クイーンベッドよりもダブルベッドを部屋に置いたほうが生活動線が作りやすくなるでしょう。

    ダブルベッドとクイーンベッドを置いた部屋の広さごとのレイアウト例

    次に、ダブルベッドとクイーンベッドを置いたレイアウト例を部屋の広さごとに紹介します。

    6畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いたレイアウト例

    6畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いた画像

    6畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドをそれぞれ置くと、どちらもベッド以外に棚やテーブルが置けます。しかしクイーンベッドを6畳の部屋に置く場合、ソファを置くことは難しいかもしれません。

    6畳の部屋にくつろぎスペースを作りたい場合は、ダブルベッドを選ぶのがおすすめです。

    8畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いたレイアウト例

    8畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いた画像

    8畳の部屋なら、クイーンベッドでもソファを置く空間スペースが確保できます。またダブルベッドだと、幅の広いソファを選ぶことが可能です。足置き専用のオットマンを置くこともできるので、よりくつろぎやすいスペースが作れます。

    また8畳の広さがあれば、テレビのサイズにこだわれるのもポイントです。

    10畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いたレイアウト例

    10畳の部屋にダブルベッドとクイーンベッドを置いた画像

    10畳の広さがあると、ダブルベッドとクイーンベッドのどちらを置いても食事ができるスペースが作れます。そのため、ワンルームや1Kなどのひと部屋で生活することも可能です。

    寝室以外の用途として部屋を使いたい場合は、10畳以上の部屋を選ぶとよいでしょう。

    ダブルベッドにクイーンサイズのマットレスは使える?

    ⁩マットレスとベッドのサイズがあっていない例の画像

    ダブルベッドにクイーンサイズのマットレスを使用するのは、避けるようにしましょう。ベッドフレームとマットレスがズレたりカビの発生の原因を招いたりする場合があります。

    マットレスは、ベッドフレームにあうサイズを選ぶことがポイント。しかしベッドフレームの種類によっては、ベッドフレームよりもひと回り小さいマットレスを組み合わせることが可能です。

    商品としてベッドサイドを使用できる設計になっている場合は、ベッドフレームの縁をサイドテーブルとして使うことが可能で、ベッド周りをおしゃれにコーディネートできます。


    ダブルサイズとクイーンサイズを展開しているおすすめベッド7選

    ここからは、ダブルベッドとクイーンベッドの両方のサイズを展開しているおすすめ商品を紹介します。

    おすすめ商品  7選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    照明付きステージベッド『RELAIR リレア』
    ¥29,980~
    シングル,セミダブル,ダブル,クイーン,キング
    パイン材 すのこベッド『Aerus アエラス』連結サイズ ブラウン 高さ調整可能
    ¥32,980~
    クイーン160(SS+SS),キング180(SS+S),ワイドキング200(S+S),ワイドキング220(S+SD),ワイドキング240(S+D),ワイドキング240(SD+SD),ワイドキング260(SD+D),ワイドキング280(D+D)
    照明&棚付き 連結ローベッド 『Famite ファミーテ』 グレージュ
    ¥36,980~
    クイーン160(SS+SS),キング180(SS+S),ワイドキング200(S+S),ワイドキング220(S+SD),ワイドキング240(S+D),ワイドキング240(SD+SD),ワイドキング260(SD+D),ワイドキング280(D+D)
    ホテルスタイル 連結ローベッド LED照明&棚付き『CONCASA コンカーサ』グレージュ
    ¥42,980~
    クイーン160(SS+SS),キング180(SS+S),ワイドキング200(S+S),ワイドキング220(S+SD),ワイドキング240(S+D),ワイドキング240(SD+SD),ワイドキング260(SD+D),ワイドキング280(D+D)
    照明&棚付き 連結ローベッド 『Aperty アペルティ』 ナチュラル
    ¥36,980~
    クイーン160(SS+SS),キング180(SS+S),ワイドキング200(S+S),ワイドキング220(S+SD),ワイドキング240(SD+SD),ワイドキング240(S+D),ワイドキング260(SD+D),ワイドキング280(D+D)
    モダンデザイン ローベッド パネルタイプ
    ¥48,980~
    シングル,セミダブル,ダブル,クイーン
    シンプルボトムベッド
    ¥15,980~
    セミシングル,シングル,セミダブル,ダブル,クイーン,キング

    それぞれの特徴をみていきましょう。

    照明付きステージベッド『RELAIR リレア』

    照明付きステージベッド『RELAIR リレア』
    ¥29,980~

    重厚感のあるフラットなスタイルのステージベッドです。マットレスを置いても余白スペースが生まれる設計。ベッドフレームの縁をサイドテーブルに使えます。ダブルベッドとクイーンベッドのどちらでもゆったりとした雰囲気が出しやすいです。

    「照明付きステージベッド『RELAIR リレア』」の人気の理由


    「照明付きステージベッド『RELAIR リレア』」のレビュー

    レビューはまだありません。

    パイン材 すのこベッド『Aerus アエラス』連結サイズ ブラウン 高さ調整可能

    パイン材 すのこベッド『Aerus アエラス』連結サイズ ブラウン 高さ調整可能
    ¥32,980~

    パイン材を使った連結タイプのすのこベッド。脚を付け外しするだけで高さが2段階に変えられます。2台連結させるとクイーンベッドとして使えます。

    「パイン材 すのこベッド『Aerus アエラス』連結サイズ 高さ調整可能」の人気の理由

    「パイン材 すのこベッド『Aerus アエラス』連結サイズ 高さ調整可能」のレビュー

    レビュー
    匿名

    大変気に入りました。
    息子のベッドとして購入しましたが、自分で組み立てることで愛着が湧いたようで大切に使っています。ありがとうございました。

    ユ.カ.

    材質が軽くてコスパが良い
    組み立ては比較的楽ですが1人で組み立てるのはパーツのバランスの関係で少し難しいかもしれません。 軋みは無く、しっかりしていて良い感じです。 コスパも良いのでオススメです。 マットが硬めなのも自分的にはグッド


    照明&棚付き 連結ローベッド 『Famite ファミーテ』 グレージュ

    照明&棚付き 連結ローベッド 『Famite ファミーテ』 グレージュ
    ¥36,980~

    高さを抑えたロースタイルのベッド。カラーは7色から選べるので、部屋の雰囲気にあわせてカラーが選択できます。枕元には照明や棚、コンセントが付いているのもポイント。圧迫感が出づらいので、クイーンベッドを置いても部屋が広く見せやすいです。

    「照明&棚付き 連結ローベッド 『Famite ファミーテ』」の人気の理由

    「照明&棚付き 連結ローベッド 『Famite ファミーテ』」のレビュー

    レビュー
    タ.

    コスパ抜群
    この値段でしっかりしていて、コンセントも小物がおける棚もあって、コスパ最高だと思います。直接床にすのこを敷くタイプもありますが、少し金額をあげてもこちらのすのこが浮いているタイプの方がいいと思いました。

    匿名

    快適です。
    ベビーベッドを卒業して親子3人で寝るためにセミシングルとセミダブルを購入しました。購入前からの質問に丁寧に答えてくださり、大変ありがたかったです。家の階段が急カーブなため、大きいと搬入出来ないので、今回のベッドが小さく梱包してあるということが購入の決め手でした。小さく梱包ということは、組み立てがたくさんで大変なんだろうな…と覚悟していましたが、あっという間に完成しました。
    広くなって快適で、子どももスヤスヤ寝ています。

    匿名

    組み立て時色々あったけど買ってよかったです!
    よかった点
    ・寝心地良い
    ・マットレスがふかふか
    ・充電コンセントが4つもある
    ・丈夫で広い

    悪かった点
    ・少し組み立て大変
    (女2人で組み立てて2時間以上かかりました。でも仕事後の疲労困ぱいの状態での組み立てだったので元気な時はもう少し早いはず!)

    注意点
    ・似ているパーツがあるためよく確認しないと後で地獄を見ます
    ・すのこで怪我する可能性があるので気をつけてください

    今回ダブルベッド1つ購入でしたが、凄く満足したため娘のためにシングルを購入しました。
    2回目の購入のため次の組み立てはスムーズだと思います!

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    ふたりでの組み立てを推奨する商品なので、一人暮らしの方や組み立てに苦手意識のある方は組み立て代行の依頼がおすすめです。

    ▼ファミーテについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    RASIK(ラシク)のファミーテはどんなベッド?特徴や口コミを徹底解説
    RASIK(ラシク)のファミーテはどんなベッド?特徴や口コミを徹底解説

    ホテルスタイル 連結ローベッド LED照明&棚付き『CONCASA コンカーサ』グレージュ

    ホテルスタイル 連結ローベッド LED照明&棚付き『CONCASA コンカーサ』グレージュ
    ¥42,980~

    直線的なデザインが特徴のホテルスタイルのローベッド。生活感を抑えやすいのが特徴です。また枕元には温かみのあるLED照明が付いており、落ち着きのある部屋を作れます。ベッドサイズが幅広いので、クイーンサイズ以上のベッドを探している人にもおすすめです。

    「ホテルスタイル 連結ローベッド LED照明&棚付き『CONCASA コンカーサ』」の人気の理由

    「ホテルスタイル 連結ローベッド LED照明&棚付き『CONCASA コンカーサ』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    ダブル、マットレス付きを購入しました。マットレスも合わせて3つの梱包で届きました。ふたりで2時間強かかりましたが、組み立ては比較的簡単な印象です。梱包に関しては、ダンボールが崩れていることや中の木材が欠けていることもなくきれいな状態で届きました。まだ使用はしていませんが、現時点では★5です!グレージュを購入しましたが、無難なグレージュの色味でした。

    匿名

    とてもよかったです
    グレージュのシングルフレームを購入しました。
    購入前に不安だった点は、
    ・破損があるのではないかということ
    ・マットレスを敷いてもすのこの端が隠れず見えてしまうのではないかということ
    ・ライトが蛍光色なのではないかということ
    でした。

    しかし、破損はなく、マットレスをフレームとピッタリのサイズで購入したため、すのこが見えることもなく、ライトは私の好きなオレンジの電球色でした。
    品質が良く、部屋もスッキリとして見えるのでとても満足しています。
    耐久性にも期待します。

    想像以上に部品が多くフレームが重かったですが、組み立ては2時間ほどで終わりました。


    照明&棚付き 連結ローベッド 『Aperty アペルティ』 ナチュラル

    照明&棚付き 連結ローベッド 『Aperty アペルティ』 ナチュラル
    ¥36,980~

    連結可能なロースタイルのベッド。ダブルベッドやクイーンベッドを2台連結すれば、ワイドキングベッドとして使えます。またベッド下は、おもちゃや小ものが入りにくい仕様。小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。

    「照明&棚付き 連結ローベッド 『Aperty アペルティ』」の人気の理由

    「照明&棚付き 連結ローベッド 『Aperty アペルティ』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    組み立て簡単
    女性1人で2時間で1台組み立てれました。
    最初は戸惑いましたが、分かるととても簡単でした。
    照明器具に不具合がありましたが、すぐに対応していただきました。
    レビューの記載通り、ヘッドボードを持って動かすのは危険です。
    色も想像通りで、とても満足です。

    匿名

    最高!
    家族が増えたのでセミダブル2つ分を購入しました。
    マットレス2つですが真ん中で寝てもちゃんとふかふかで安定してて問題なしでした
    組み立てには3時間くらいかかりましたが説明書は分かりやすかったです。
    本当に良い点しかなくて買って良かったです


    モダンデザイン ローベッド パネルタイプ

    モダンデザイン ローベッド パネルタイプ
    ¥48,980~

    パネルタイプと棚付きタイプの2種類のヘッドボードが選べるベッド。モダンなデザインで、重厚感が出せます。圧迫感を与えにくいローベッドなので、一人暮らしの部屋にダブルベッドやクイーンベッドを置きたい人にもおすすめです。

    「モダンデザイン ローベッド パネルタイプ」の人気の理由

    「モダンデザイン ローベッド パネルタイプ」のレビュー

    レビュー
    M.

    組み立て設置良かったね
    組み立て設置をお願いしました。本当に助かりました。奥までの収納も良かったです。
    引き出しの向きがあるので、模様替えできないことが残念ですが、大満足してます。


    シンプルボトムベッド

    シンプルボトムベッド
    ¥15,980~

    脚が付け外しできるシンプルなベッド。移動しやすい設計で、端に寄せて部屋を有効活用できるのもポイント。サイズはシングルベッドからキングベッドまで選べます。またベッド下に収納スペースが作れるのも魅力です。

    「シンプルボトムベッド」の人気の理由

    「シンプルボトムベッド」のレビュー

    レビュー
    匿名


    組み立てがとても楽で部屋への圧迫感もなく、お安いのに非常に良かったです。
    満足した買い物が出来ました。

    匿名

    組み立て簡単★
    組み立てがかなり楽で、軽量なので、掃除の時も余裕で動かして掃除機をかけたり出来るので、良かったです^ ^


    ダブルベッドやクイーンベッドよりキングベッドを選んだ方がいい事例

    ホテルライクなインテリアでまとめた部屋の画像

    ベッドのなかには、ダブルベッドやクイーンベッドより大きいキングサイズのベッドがあります。キングベッドは横幅約180センチ・長さ約195センチで、クイーンベッドよりも約20センチ横幅が広いです。

    また小さい子どもであれば、大人ふたりと子どもひとりが一緒に使用できます。子どもと長く一緒に寝たい場合は、キングベッドを選ぶのがおすすめです。

    ダブルベッドやクイーンベッドを連結すればキングベッド以上のサイズになる

    連結ベッドの画像

    ベッドの種類によっては、連結可能な商品もあります。キングベッドよりも横幅を出したい場合は、ダブルベッドやクイーンベッドを組み合わせて連結させるのがおすすめです。

    ダブルベッドをふたつ連結させれば、4人家族でも使えるベッドが作れます。またクイーンベッドをふたつ連結させると5人でも使用することが可能です。

    まとめ

    本記事では、ダブルベッドとクイーンベッドのサイズの違いについて詳しく解説しました。ダブルベッドとクイーンベッドは、部屋の広さによって置ける家具にも違いが出ます。サイズ選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

    よくある質問

    ダブルベッドとクイーンベッドはどれくらいサイズが違いますか?

    クイーンベッドはダブルベッドよりも約20センチ横幅が広いです。長さは変わらないケースが多いので、横幅に違いがあります。

    >>ダブルベッドとクイーンベッドのサイズの違いについてはこちら

    ダブルベッドとクイーンベッドはどちらが快適に寝られますか?

    快適に寝られるかどうかは、体格によっても異なります。体格にあわせてベッドサイズを選択すると、睡眠環境が整えやすくなるでしょう。

    >>ダブルベッドとクイーンベッドの快適性についてはこちら

    関連記事一覧

    一人暮らし男性の2DKレイアウト例を紹介!おしゃれな部屋作りのコツも解説
    一人暮らし男性の2DKレイアウト例を紹介!おしゃれな部屋作りのコツも解説
    1歳児と同じ寝室で寝るレイアウトを紹介!暖房の設定温度や寝かしつけの悩みも解説
    1歳児と同じ寝室で寝るレイアウトを紹介!暖房の設定温度や寝かしつけの悩みも解説
    1DKとはどのような間取り?1Kや1LDKとの違いやメリットとデメリットも解説
    1DKとはどのような間取り?1Kや1LDKとの違いやメリットとデメリットも解説
    1LDKとはどのような間取り?2LDKとの違いやメリット・デメリットも解説
    1LDKとはどのような間取り?2LDKとの違いやメリット・デメリットも解説
    2Kの一人暮らしにおすすめなレイアウトを間取り別に紹介!部屋作りのコツも解説
    2Kの一人暮らしにおすすめなレイアウトを間取り別に紹介!部屋作りのコツも解説
    ベッドルームのコーディネート方法を解説!色の取り入れ方やおしゃれにするコツも紹介
    ベッドルームのコーディネート方法を解説!色の取り入れ方やおしゃれにするコツも紹介
    2Kのレイアウト例を一人暮らしと二人暮らし別に解説!和室にあわせやすい家具も紹介
    2Kのレイアウト例を一人暮らしと二人暮らし別に解説!和室にあわせやすい家具も紹介
    カラーコーディネートの配色パターンを解説!初心者におすすめな色やインテリアも紹介
    カラーコーディネートの配色パターンを解説!初心者におすすめな色やインテリアも紹介