店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    一人暮らし向けのソファベッドを紹介!おすすめしないといわれる理由もあわせて解説

    一人暮らし向けのソファベッドを紹介!おすすめしないといわれる理由もあわせて解説
    2024年2月14日

    一人暮らしをする人のなかには、ソファベッドを検討する人もいますよね。ソファベッドなら、ソファとベッドの両方の機能が備わっているので、部屋のスペースを有効活用できます。

    しかしソファベッドを検索していると、「ソファベッドはおすすめしない」というワードを目にしたことがある人もいるかもしれません。

    そこで本記事では、一人暮らし向けのソファベッドとソファを紹介しながら、おすすめしないといわれる理由も解説します。寝心地がよくなるコツも紹介するので、ぜひソファベッド選びの参考にしてみてくださいね。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数17万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム


    一人暮らしにおすすめのソファーベッド【タイプ別】

    まずは、一人暮らしにおすすめのソファベッドを紹介します。

    おすすめタイプ①コンパクトに折りたためるソファベッド

    コンパクトに折りたためるソファベッドの画像

    一人暮らしの部屋は、1Kやワンルームなど狭めな部屋が多いです。コンパクトに折りたためるソファベッドなら、用途にあわせてソファにしたりベッドにしたりできるので、部屋のスペースを有効活用できます。

    またリクライニングできるソファベッドなら、カウチソファとしても使用可能。くつろぎやすいソファを探している人にもおすすめです。

    おすすめタイプ②おしゃれな部屋が作れるソファベッド

    おしゃれな部屋が作れるソファベッドの画像

    おしゃれな部屋を作りたい人には、木製のソファベッドがおすすめです。木の温もりが感じられるソファは、部屋になじみやすく自分好みの部屋が作れます。

    生活感も抑えられるので、おしゃれな部屋に仕上がりやすいのもポイント。また、ソファベッドは脚が付いた商品もあるので、ソファの下に収納スペースを作ることもできます。

    おすすめタイプ③かわいいデザインのソファベッド

    かわいいデザインのソファベッドの画像

    ソファベッドのなかには、クッション性が高くてボリュームのあるかわいいデザインの商品もあります。柔らかいシルエットなので、女性らしく優しい雰囲気の部屋に仕上げやすいです。

    また、ホワイトやベージュなど明るいカラーのソファベッドを選ぶと、部屋にまとまりが出せるのもポイント。レイアウトや部屋の雰囲気にあわせてカラーを選べば、理想とする部屋が作りやすくなります。

    ベッドがいらない人向け|一人暮らしにおすすめのソファ

    一人暮らしの部屋の場合、ベッドを置かない人もいるかもしれません。その場合は、ソファのみを部屋に置くのもおすすめです。

    次に、一人暮らし向けのおすすめソファをみていきましょう。

    おすすめ①横になれるソファ

    横になれるソファの画像

    カウチタイプのソファは、背もたれや肘掛けが倒せるので、横になりやすい商品です。足が伸ばせるので、仕事から帰ってきた際や自宅で過ごす休日など短い時間でくつろげるのがポイントです。

    またカウチソファなら、一人暮らし向けの商品からファミリー向けの商品まで種類が豊富。コンパクトなカウチソファなら、一人暮らしの部屋にも置きやすいです。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    以前、友人が急遽わたしの家に泊まることになった際に、横になれるソファをベッドとして使いました。簡易的ではありますが、ソファはいざという時に便利です。

    おすすめ②フロアマットにもなるソファ

    フロアマットにもなるソファの画像

    ソファは脚が付いている商品以外に、床に直接置けるタイプもあります。フロアソファは高さを抑えた商品なので、部屋に圧迫感が出にくいのが特徴です。

    また広げることにより、フロアマットとして使えるのもポイント。広げて使えば、昼寝や読書などのプライベートな時間も過ごしやすいです。

    こたつやテーブルが置ける商品もあるので、用途にあわせて使い方が変えられます。

    おすすめのソファ③ソファとして使えるクッション

    ソファとして使えるクッションの画像

    部屋にくつろぎスペースを作りたい人には、ビーズクッションもおすすめです。大きめのビーズクッションなら、移動がしやすく掃除もしやすいメリットがあります。

    また好きな場所に置けるので、部屋に大型のソファを置くスペースがない人でも使いやすいのも魅力。さらにインテリアとしても置けるため、部屋をおしゃれに仕上げたい人にもおすすめです。

    ▼一人暮らしにおすすめの家具について詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    ひと目でわかる一人暮らしの家具一覧!女性・男性向けのおしゃれなおすすめ商品も紹介
    ひと目でわかる一人暮らしの家具一覧!女性・男性向けのおしゃれなおすすめ商品も紹介

    一人暮らし向けの安いソファベッド5選

    ここからは、一人暮らし向けの安くておすすめのソファベッドを紹介します。

    おすすめ商品  5選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    3way ソファーベッド
    ¥33,980~
    コンパクト 3WAYソファベッド
    ¥12,980~
    1人掛け,2人掛け
    日本製 3WAYソファベッド
    ¥19,980~
    天然木すのこ 伸縮 ソファベッド
    ¥49,980~
    国産 収納付き デイベッド
    ¥68,980~
    シングル

    それぞれを詳しくみていきましょう。

    3way ソファーベッド

    3way ソファーベッド
    ¥33,980~

    ソファー・カウチ・ベッドの3タイプに変化できるコンパクトなソファーベッド。360度回転キャスター付きなので、移動がしやすいのもポイント。また端に寄せるだけで、部屋のスペースを有効活用できます。

    「3way ソファーベッド」の人気の理由

    「3way ソファーベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    匿名

    3way ソファーベッド
    ソファーとしても座り心地がよく、またソファーベッドは気持ち良く眠れて購入して良かったです。


    コンパクト 3WAYソファベッド

    コンパクト 3WAYソファベッド
    ¥12,980~

    2サイズから選べるソファベッド。厚みのあるしっかりとした座面が体を支えます。また背もたれをリクライニングすれば、カウチスタイルになるのもポイント。リクライニングは14段階まで可能です。

    「コンパクト 3WAYソファベッド」の人気の理由

    「コンパクト 3WAYソファベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    匿名

    使い心地は良いです
    一人暮らしのアメリカ人へプレゼントしました。狭い日本のワンルームで慣れない生活の中で、このプレゼントをとても気に入り、来客用としてプレゼントしたんですが、自分専用にして、かなりお気に入りの様子でした。


    日本製 3WAYソファベッド

    日本製 3WAYソファベッド
    ¥19,980~

    ワンルームに置けるコンパクトサイズのソファベッド。厚みもしっかりしており、体を包み込んでくれます。またソファからベッドへ広げやすいのもポイント。ソファとしての居心地のよさも追求した商品です。

    「日本製 3WAYソファベッド」の人気の理由

    「日本製 3WAYソファベッド」のレビュー・口コミ

    レビューはまだありません

    天然木すのこ 伸縮 ソファベッド

    天然木すのこ 伸縮 ソファベッド
    ¥49,980~

    手前に引くだけで簡単にソファからベッドへ変形可能なソファベッド。天然木パイン材のぬくもりある風合いが部屋になじみやすく、ベッド下に収納スペースも作れます。また耐荷重が約250キロなので、体格がよい人にもおすすめです。

    「天然木すのこ 伸縮 ソファベッド」の人気の理由

    「天然木すのこ 伸縮 ソファベッド」のレビュー・口コミ

    レビューはまだありません

    国産 収納付き デイベッド

    国産 収納付き デイベッド
    ¥68,980~

    ワイドな棚と引き出し収納が付いたシンプルなベッド。ソファとベッドどちらでも使えるので、一人暮らしにおすすめの商品です。また耐荷重は約100キロなので、棚に本を並べたり重めのインテリアを置けます。

    「収納付き デイベッド」の人気の理由

    「収納付き デイベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    匿名

    気に入ってます
    思ったより早く到着しました。 家族に手伝ってもらって組み立てたのですが、他のレビューにもあったように部品にナンバリングがなく苦戦しそうだったので、番号つけて組み立てました。 板は意外と重くて、一人ではできませんでしたね。その分安定感もあり気に入ってます。 漫画をたくさん入れようと思ったら、ジャンプコミックスみたいな小版のみでワイド版は下段には入りませんでした。 その分飾り棚として活用しています。引き出しもついて概ね満足です。 説明書はもう少しだけわかりやすくして欲しいな。必要な工具とか、それぐらいは記載して下さい。

    匿名

    基本的には大満足です
    部品1つ1つに数字などのシールでもいいので着いていたらわかりやすかったかなと思いますが、出来上がりはとても満足のいくベットができて購入してよかったです!

    ソファベッドのおすすめな選び方

    ソファベッドには、さまざまな種類があります。

    • 部屋の大きさにあわせて選ぶ
    • 用途を想定して選ぶ

    以上2点を踏まえて選ぶのがおすすめです。

    ソファベッドの選び方①部屋の大きさにあわせて選ぶ

    家具は、部屋の大きさによって置けるものが異なります。ソファベッドを置く場合も、部屋の大きさにあわせて選ぶのがおすすめです。

    またソファベッドは、寝床を作るために広げるスペースを確保するのがポイント。部屋の大きさや構造にあわないソファベッドを選んでしまうと、ソファとベッドのどちらかでしか使用できない場合もあるので注意しましょう。

    ソファベッドの選び方②用途を想定して選ぶ

    ロータイプのソファベッドの画像

    ソファベッドは、用途にあわせて商品を選ぶのもよいでしょう

    読書がしたい人はリクライニング機能が付いた商品、模様替えなど移動をよくするならキャスターが付いた商品といったように、あらかじめ使い方を決めておくのがポイント。自分にあうソファベッドが見つかりやすくなります。

    また商品によって、高さも異なります。部屋が狭い人は、広く見せやすいロータイプのソファベッドを選ぶのもおすすめです。


    一人暮らし向けのソファベッドで意識するレイアウトのポイント

    ソファベッドを部屋に置くなら、広げて使うことを想定してレイアウトするのがポイントです。また棚やテレビなど、ほかの家具家電との距離も測っておく必要があります。

    ソファベッドは必要に応じて寝床を作れますが、広げるスペースがないとベッドとして使用することができません。

    また移動しないとベッドとして使えない場合には、キャスター付きのソファベッドを選ぶのもおすすめです。


    ワンルームのレイアウトの場合

    ワンルームのレイアウトのイメージ

    ワンルームは、部屋のなかにキッチンがある間取りを指します。一般的にワンルームの部屋で多い6畳の部屋をレイアウトするなら、ソファベッドと一緒に棚やテレビ台を一緒に置くことが可能です。

    またミニマルな暮らしを目指すなら、ダイニングテーブルよりもローテーブルを置くとよいでしょう。ローテーブルは移動がしやすいので、ソファベッドと組み合わせしやすいのでおすすめです。

    ▼ワンルーム向けのレイアウトについて詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    ワンルームにベッドはいらない?ケース別の配置方法やおすすめの商品11選も紹介
    ワンルームにベッドはいらない?ケース別の配置方法やおすすめの商品11選も紹介

    1Kのレイアウトの場合

    1Kのレイアウトのイメージ

    1Kは、居室とキッチンの間に仕切りがある部屋のこと。ワンルームと異なり、メインの部屋にキッチンがないので、好みにあわせてレイアウトをしやすいのがポイントです。

    ソファベッドのほかに、棚やテレビ、デスクも同時に置けるので、部屋にワークスペースが作りたい人におすすめ。またデスクの代わりにダイニングテーブルを置くのもよいでしょう。

    ▼1Kの部屋のレイアウトについて詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    1Kの部屋におすすめのベッドサイズとは?レイアウトの方法やおすすめ商品10選も紹介
    1Kの部屋におすすめのベッドサイズとは?レイアウトの方法やおすすめ商品10選も紹介

    ソファベッドはおすすめしない?一人暮らしで使うデメリット

    ソファベッドは、通常のベッドに比べて寝心地が劣りやすいデメリットがあります

    寝ることに特化したマットレスや布団は、体圧分散性に優れている商品が多いです。しかしソファベッドは座ることを前提に作られているため、寝返りがしづらい場合があるでしょう。

    睡眠の質を高めたい人は、寝心地を調整できる寝具を組み合わせることがおすすめです。

    一人暮らし向けのソファベッドの寝心地をよくするコツ

    ソファベッドにマットレスを組み合わせている画像

    ソファベッドの寝心地をよくしたい人には、ソファベッドに敷けるマットレスを組み合わせるのがおすすめ。マットレスや布団の上に敷ける商品なら、ソファベッドにも使用することができます。

    またマットレスは追加購入できるので、ベッドを買い替える必要がありません。そのため、ソファベッドを購入した後に寝心地が気になった人にもおすすめです。


    一人暮らしでソファベッドを使うメリット

    ソファベッドを部屋に置いた画像

    ソファベッドは部屋のスペースを有効活用できる以外に、生活感が抑えられるメリットもあります

    とくにワンルームや1Kの部屋で一人暮らしをする場合、寝室とリビングが一体化しやすく、生活感が出てしまうことがあるでしょう。ソファベッドなら、日中折りたたんでソファにすることで生活感が抑えやすいです。

    また1台で2役になるソファベッドを選べば、家具にかける費用を抑えることも可能。引っ越し費用を抑えたい人にもおすすめです。

    まとめ

    本記事では、おすすめのソファベッドとソファをそれぞれ紹介しました。またソファベッドの選び方やおすすめしないといわれる理由も解説しましたので、ソファベッドを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

    よくある質問

    Q. 一人暮らしにはどのようなソファベッドがおすすめですか?

    A.折りたたみ式や部屋をおしゃれにする商品がおすすめです。

    >>おすすめのソファベッドはこちらから

    Q. 一人暮らしでソファベッドを使うには、どのようなメリットがありますか?

    A.生活感や家具にかける費用が抑えられる点です。

    >>一人暮らしでソファベッドを使うメリットについてはこちらから

    関連記事一覧

    女子のモテる部屋を作る方法を紹介!彼女の家にあったらいいものを男性視点で解説
    女子のモテる部屋を作る方法を紹介!彼女の家にあったらいいものを男性視点で解説
    ぐっすり眠れる部屋の条件とは?理想の寝室のつくり方やベッドの設置位置を解説
    ぐっすり眠れる部屋の条件とは?理想の寝室のつくり方やベッドの設置位置を解説
    映画のような寝室を再現する方法を解説!プロジェクターを置くレイアウト例も紹介
    映画のような寝室を再現する方法を解説!プロジェクターを置くレイアウト例も紹介
    ペットとの暮らしに必要な覚悟と責任とは?飼う前に考えることや間取りの工夫を紹介
    ペットとの暮らしに必要な覚悟と責任とは?飼う前に考えることや間取りの工夫を紹介
    スリムな棚が付いたベッドの企画者を取材!開発秘話やデザインのこだわりも紹介
    スリムな棚が付いたベッドの企画者を取材!開発秘話やデザインのこだわりも紹介
    犬(ペット)とベッドで寝るのはいい?一緒に寝たがる心理や注意点とやめる方法を解説
    犬(ペット)とベッドで寝るのはいい?一緒に寝たがる心理や注意点とやめる方法を解説
    ベッドの湿気対策はどうしてる?マットレスがカビだらけやベタベタになる原因も紹介
    ベッドの湿気対策はどうしてる?マットレスがカビだらけやベタベタになる原因も紹介
    部屋作りのアイデアを解説!おすすめ商品や広さと年代別に家具のレイアウト例も紹介
    部屋作りのアイデアを解説!おすすめ商品や広さと年代別に家具のレイアウト例も紹介