店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    ロフトベッドで後悔したくない人必見!選び方のコツやおすすめ商品6選を紹介

    ロフトベッドで後悔したくない人必見!選び方のコツやおすすめ商品6選を紹介
    2024年3月07日

    ロフトベッドを検索していると、「夏場は暑くなる」「揺れや軋みが気になる」といった口コミもあり不安な人もいるでしょう。

    しかしロフトベッドは利用目的を明確にして使えばメリットが多く、選び方に注意したり懸念点の対策を取り入れたりすれば、子どもから大人まで幅広い層におすすめです。

    本記事では、ロフトベッドのメリットやデメリットを紹介しながら、失敗しない選び方を解説。さらにロフトベッドの使用で後悔しないための知恵やおすすめ商品もあわせて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数20万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム


    ロフトベッドとは

    ロフトベッドを部屋に置いた画像

    ロフトベッドとは、フレームの脚部が長く、高い位置に寝所が設置できるベッドのことです。ベッド下にスペースがあるので、デスクや棚、チェストなどが置けます。

    商品の種類によって高さが異なり、子どもから大人まで幅広い層が使用できるベッドです。


    ロフトベッドを使用する3つのメリット

    まずは、ロフトベッドを使用する以下3つのメリットをみていきましょう。

    • ベッド下を自由に使える
    • 家具を1箇所にまとめやすい
    • 冬場は暖かく寝られる

    メリット①ベッド下を自由に使える

    ロフトベッドの下を収納スペースにした画像

    ロフトベッドのメリット1つめは、ベッド下のスペースを自由に使えることです。ソファやデスクも置けるので、ベッドの下を生活空間としても使用可能。

    またフレームにカーテンを付ければ中身の目隠しができるので、クローゼットにもなります。床板分のスペースを用途にあわせて使えるので、狭い部屋にもおすすめのベッドです。


    メリット②家具を1箇所にまとめやすい

    ロフトベッドの下に家具をまとめた画像

    ロフトベッドは、家具を1箇所にまとめやすいのもメリットのひとつです。ベッド下に棚やデスクを設置すれば、狭い部屋でも部屋のスペースを有効活用できます。

    とくにベッドを置くとほかの家具が設置しづらい部屋には、ロフトベッドがおすすめです。


    メリット③冬は暖かく寝られる

    暖かい空気は、冷たい空気に比べて軽いため、部屋の上に溜まる傾向があります。ロフトベッドは、高い位置に寝所があるため、冬場は暖かく寝やすいのもメリットです。


    ▼ロフトベッドについて詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせて読んでみてください。
    安いロフトベッドはやめといたほうがいい?安く購入する方法と失敗しない選び方を紹介
    安いロフトベッドはやめといたほうがいい?安く購入する方法と失敗しない選び方を紹介

    ロフトベッドをやめたいと感じてる人の代表的な3つのデメリット

    次に、ロフトベッドをやめたいと感じてる人に多い3つのデメリットを紹介します。

    • 上り下りやベッドメイクが負担に感じる
    • 夏場が暑くなりやすい
    • 揺れや軋みが気になる

    デメリット①上り下りやベッドメイクが負担に感じる

    ロフトベッドを使用していると、上り下りが負担になるケースがあるでしょう。低い位置にベッドがあればすぐに横になれるため、病気やケガをした際にも便利です。

    さらにマットレスや布団の上げ下ろしも必要になるため、ベッドメイクがしづらいのもデメリットのひとつ。日々の生活をふまえてベッドを選ぶのもポイントです。

    デメリット②夏場が暑くなりやすい

    ロフトベッドは、冬場が暖かい一方で夏場が暑くなりやすい構造のベッドです。そのため、ロフトベッドを使用する場合には、エアコンの位置を考慮して置く場所を決めるのがおすすめ。

    またサーキュレーターや扇風機で風を循環させるなどの対策を取り入れるのもひとつの方法です。

    デメリット③揺れや軋みが気になる

    高さがあるロフトベッドは、揺れや軋みが気になる場合もあるでしょう。人によっては、揺れによるこわさを感じたり軋みで寝付きが悪かったりする可能性も考えられます。

    商品によっては、揺れや軋みの軽減につながる頑丈構造や耐荷重を考慮して作られたロフトベッドもあるので、構造を確認しながら選ぶのも懸念点を回避するポイントです。

    ロフトベッドで後悔しないための知恵袋

    ロフトベッドの画像

    実際にロフトベッドを検討している人のなかには、ロフトベッドのデメリットが気になる人もいるでしょう。デメリットは、懸念されるポイントをカバーすることで使い続けられるケースもあります。

    • 夏場は下で寝る
    • 衝撃吸収性の高いウレタンマットレスを敷く
    • ロータイプのロフトベッドを使う

    ここからは、ロフトベッドで抑えておきたい3つの知恵を紹介します。

    後悔しないための知恵袋①夏場は下で寝る

    夏場の暑さが懸念されるロフトベッドは、暑い時期だけベッド下で寝るのもおすすめの方法です。

    とくにベッド下を収納スペースとして使っている場合には、荷物とマットレスを入れ替えるだけで使用可能。季節にあわせて寝る位置を変えると、暑さによる懸念点が改善しやすくなります。

    後悔しないための知恵袋②衝撃吸収性の高いウレタンマットレスを敷く

    寝返りによる軋みが気になる人は、衝撃吸収性の高いウレタンマットレスを敷くのがおすすめ。ウレタン素材のマットレスはコイルを使用していないため、軋む音がしにくい特徴があります。

    さらに薄型マットレスなら、使用中のマットレスの上に敷けるので、マットレスごと買い替える必要がありません。そのため、軋む音が気になる人にもおすすめです。


    後悔しないための知恵袋③ロータイプのロフトベッドを使う

    ロータイプのロフトベッドの画像

    ロフトベッドは、高さ調整可能な商品やロータイプの商品もあります

    高さを抑えた種類は、夏場の暑さや揺れが抑えやすくなるため、ロフトベッドの懸念点が回避しやすいのが特徴。ロフトベッドの懸念点が気になる人は、高さを考慮して選ぶのもおすすめです。


    子供部屋で使うロフトベッドの失敗しない選び方

    ロフトベッドは、子供に人気のベッドです。続いては、子供部屋で使うロフトベッドの失敗しない選び方を解説します。

    柵の高さを確認して選ぶ

    ロフトベッドの柵の画像

    ロフトベッドは高い位置に寝床があるので、転落によるケガを防ぐ必要があります。

    とくに子供は寝返りの回数が多かったり寝相が悪かったりする場合があるため、柵の高さを確認して商品を選ぶのがおすすめです。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    柵に高さがあれば、転落を防ぎやすくしてくれます。ただし、高い所が苦手な子どもには無理して使用させないように注意しましょう。


    ベッド下に学習机が置けるサイズを選ぶ

    ロフトベッドの下に机を置いた画像

    子供部屋にロフトベッドを置く場合、ベッド下に学習机を設置するケースもあるでしょう。そのため、机が置けるサイズのベッドを選ぶのもおすすめ

    また、ベッド下以外のスペースに学習机を置く場合は、ロフトベッドの横幅を確認してから選ぶのがポイントです。


    階段・ハシゴの幅や素材をみて選ぶ

    ロフトベッドの下に机を置いた画像

    子供用にロフトベッドを購入するなら、階段やハシゴの幅、素材をみて選ぶことも必要です。とくにハシゴは、商品によって段数や角度、幅が異なるので、候補の商品と比較しながら選ぶとよいでしょう。

    ロフトベッドは大人の隠れ家にもおすすめ

    ロフトベッドは、子ども向けのベッドと認識している人もいますが、大人が使う場合にもおすすめのベッドです。とくにワンルームの場合、部屋数が限られるため、趣味のスペースが作りにくい場合があります。

    ロフトベッドなら、ベッド下を趣味やワークスペースとして使用可能です。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    カーテンを取り付ければ中身を隠すこともできるので、日常生活と切り離した空間を作りたい人にもおすすめです!

    ロフトベッドで彼女と一緒に寝ることは可能?

    男性のなかには、彼女とロフトベッドで寝られるか気になる人もいるでしょう。結論からいうと、ダブルサイズ以上であれば、2人で寝ることは可能です。しかしロフトベッドは、シングルやセミダブルの1人用のサイズが多いので、選べる種類に限りがあります。

    また耐荷重が大きいベッドでも、1人用のベッドを選ぶと転落する恐れがあるので、2人での使用はおすすめしません。2人以上でロフトベッドを使用する場合は、商品の対応人数を確認し安全に配慮して選びましょう。

    ▼カップル向けのベッドついて詳しく知りたい人は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    カップル向けベッドサイズをイラスト付きで解説!購入前に確認すべきポイントやおすすめ商品も紹介
    カップル向けベッドサイズをイラスト付きで解説!購入前に確認すべきポイントやおすすめ商品も紹介

    後悔しないおすすめのロフトベッド6選

    ここからは、ベッド選びで後悔・失敗したくない人におすすめのロフトベッドを紹介します。

    おすすめ商品  6選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    棚・コンセント付き ロフトベッド『Kallis カリス』
    ¥24,980~
    頑丈ロフトベッド
    ¥47,980~
    デスク・ラック付きも選べる ロフトベッド
    ¥39,980~
    高さが選べる 木製ロフトベッド
    ¥55,980~
    デスク・ワゴン付き コンパクトロフトベッド
    ¥69,980~
    秘密基地ベッド すのこ ロフトベッド 無垢材
    ¥65,980~

    頑丈構造や高さ調整できる商品もあるので、それぞれの特徴を比較しながらみていきましょう。

    棚・コンセント付き ロフトベッド『Kallis カリス』

    棚・コンセント付き ロフトベッド『Kallis カリス』
    ¥24,980~

    宮棚に2口コンセントを備えるロフトタイプのパイプベッドです。はしごと宮棚は左右どちらにも設置できるので、部屋のレイアウトにあわせてベッドを設置可能。耐荷重は約120キロと、頑丈さにも優れています。

    「棚・コンセント付き ロフトベッド『Kallis カリス』」の人気の理由

    「棚・コンセント付き ロフトベッド『Kallis カリス』」のレビュー・口コミ

    レビューはまだありません

    頑丈ロフトベッド

    頑丈ロフトベッド
    ¥47,980~

    ベッド下を活用することで、約1.3畳分部屋が広くなるロフトベッド。高さ調整は、ハイタイプとミドルタイプの2段階に調節できます。またコンセント付きの宮棚が設置できるので、枕元で充電が可能です。

    「頑丈ロフトベッド」の人気の理由

    「頑丈ロフトベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    匿名

    丁度良い高さ
    組み立ては、少し時間がかかりましたが、完成した時の達成感はありますw コンセント付きなので娘は喜んでいました。

    匿名

    コスパ最強
    マンションワンルームに購入174.58私僅かな音はしますが問題なし、ベッド下空間デザイン広くテレビ、タンス余裕で置けます、組み立ては一人無理です 。


    デスク・ラック付きも選べる ロフトベッド

    デスク・ラック付きも選べる ロフトベッド
    ¥39,980~

    ワークスペースから収納スペースまで、用途にあわせてベッド下を自由にアレンジできるロフトベッド。ベッドは、デスク付きの選択も可能です。ベッド下を勉強スペースや書斎にしたい人にもおすすめ。

    「デスク・ラック付きも選べる ロフトベッド」の人気の理由

    「デスク・ラック付きも選べる ロフトベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    匿名

    ちょっと…
    取説が分かりづらくて、向きとか順番とか悩んだところがあった。
    使い心地としては特に問題なく、枕元の電源や棚は重宝している。
    見た目もオシャレで満足。

    匿名

    ロフトベッド
    部屋が狭いので、姉妹でロフトベッドにしました。頑丈で寝ても全然大丈夫です。部屋が広く明るくなりました!


    高さが選べる 木製ロフトベッド

    高さが選べる 木製ロフトベッド
    ¥55,980~

    パイン材を使用したロフトベッド。通気性がいいすのこ仕様で、高さを3段階に変えられます。ベッド下は、クローゼットとして活用することが可能。さらにベッド下にマットレスを置けば、2段ベッドのように使えます。クロスバーも付いているので、横揺れしにくいベッドです。

    「高さが選べる 木製ロフトベッド」の人気の理由

    「高さが選べる 木製ロフトベッド」のレビュー・口コミ

    レビュー
    E.

    イメージ通りでした
    DIY好きor慣れた人でないと自力で組み立ては厳しいと思いますが、エニタイムズ初利用で安心&短時間に完成しました。狭い部屋で組み立てると手順通りの工程では出来ないこともあるそうで、素人には無理だろうとのこと。頼んで正解でした。木の香り 1週間経ってもまだあります。嫌いな匂いでは無いので大丈夫ですが、苦手な人もいるかも。 ベッド自体はとても気に入ってます。ハイタイプは狭い部屋を有効活用でき、ロフト下には簡易ソファを置き、テープライトを貼って明るくし、パイプを取り付けて(DIY)衣類もたっぷり掛けられるようにしました。

    a.

    ロフトベッド
    1人で組み立て出来ました。 ゆっくりのんびりやりました。 最後の組み立て終わってからのベッドを起こすところだけは1人では無理なので子供と2人でしました。 本当にぐらつきがなく安心して毎日寝ています 天井までの高さは私は圧迫感は感じなくて良かったです。 飼ってる猫がお気に入りの場所になったみたいでほぼ1日、上のベッドでくつろいでます へやも広く使えるし購入正解でした!


    デスク・ワゴン付き コンパクトロフトベッド

    デスク・ワゴン付き コンパクトロフトベッド
    ¥69,980~

    ベッド・デスク・ワゴンがセットになったベッド。統一感が出るので、レイアウトが決めやすいのが特徴です。高さを抑えたロータイプのロフトベッドなので、子どもの寝顔が確認しやすいのもポイント。デスクやワゴンはベッド下に収納することもできるので、省スペース化も実現します。

    「デスク・ワゴン付き コンパクトロフトベッド」の人気の理由

    「デスク・ワゴン付き コンパクトロフトベッド」のレビュー・口コミ

    レビューはまだありません

    秘密基地ベッド すのこ ロフトベッド 無垢材

    秘密基地ベッド すのこ ロフトベッド 無垢材
    ¥65,980~

    ベッド下に秘密基地のような空間が作れるベッド。ベッド下には扉が付いているので、収納スペースとして活用することもできます。また肌触りのいいパインの無垢材を使用。床板はすのこ仕様なので通気性にも優れたベッドです。

    「秘密基地ベッド すのこ ロフトベッド 無垢材」の人気の理由

    「秘密基地ベッド すのこ ロフトベッド 無垢材」のレビュー・口コミ

    レビュー
    ト.

    満足です!
    子供のプレゼントに買いました! 組み立ては子供と一緒にやって半日位かかりましたが、それもまた楽しみの一つ! ベッドは高すぎず、低すぎずで秘密基地でも楽しんでいます!

    き.す.

    高さがちょうどよく、息子が一人で熟睡できてます

    まとめ

    本記事では、ロフトベッドのメリットやデメリットとともに、おすすめの商品を紹介しました。ロフトベッドは、懸念点を知っておくと対策がしやすくなります。子どもから大人まで使えるベッドなので、ぜひベッド選びの参考にしてみてください。

    よくある質問

    Q. ロフトベッドの軋みが気になる場合の対策方法はありますか?

    A. 衝撃吸収性の高いウレタンマットレスを使用するのがおすすめです。

    >>ロフトベッドの後悔しないための知恵を知りたい人はこちら

    Q. ロフトベッドを使うメリットを教えてください。

    A. ベッド下のスペースが有効活用できたり家具を1箇所にまとめられたりするメリットがあります。

    >>ロフトベッドのメリットを知りたい方はこちら

    関連記事一覧

    ローベッドが人気の理由や後悔しないための注意点を解説!おすすめの商品も紹介
    ローベッドが人気の理由や後悔しないための注意点を解説!おすすめの商品も紹介
    1Kとは?特徴を1R・1DK・1LDKと比較して解説しレイアウト例も紹介
    1Kとは?特徴を1R・1DK・1LDKと比較して解説しレイアウト例も紹介
    一人暮らし男性の2DKレイアウト例を紹介!おしゃれな部屋作りのコツも解説
    一人暮らし男性の2DKレイアウト例を紹介!おしゃれな部屋作りのコツも解説
    1歳児と同じ寝室で寝るレイアウトを紹介!暖房の設定温度や寝かしつけの悩みも解説
    1歳児と同じ寝室で寝るレイアウトを紹介!暖房の設定温度や寝かしつけの悩みも解説
    1DKとはどのような間取り?1Kや1LDKとの違いやメリットとデメリットも解説
    1DKとはどのような間取り?1Kや1LDKとの違いやメリットとデメリットも解説
    1LDKとはどのような間取り?2LDKとの違いやメリット・デメリットも解説
    1LDKとはどのような間取り?2LDKとの違いやメリット・デメリットも解説
    2Kの一人暮らしにおすすめなレイアウトを間取り別に紹介!部屋作りのコツも解説
    2Kの一人暮らしにおすすめなレイアウトを間取り別に紹介!部屋作りのコツも解説
    ベッドルームのコーディネート方法を解説!色の取り入れ方やおしゃれにするコツも紹介
    ベッドルームのコーディネート方法を解説!色の取り入れ方やおしゃれにするコツも紹介