店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    ペットとの暮らしに必要な覚悟と責任とは?飼う前に考えることや間取りの工夫を紹介

    ペットとの暮らしに必要な覚悟と責任とは?飼う前に考えることや間取りの工夫を紹介
    2024年5月22日

    ペットを飼おうと考えても、具体的な暮らし方がイメージできないとなかなか踏み切れませんよね。ペットを飼う前に、購入を検討している動物の知識を身に付けておくのがおすすめです。

    本記事では、ペットと暮らす前に考えるべきことやメリットデメリットを解説します。そのほかにも、ペットと飼い主が快適に暮らすための間取りアイデアやおすすめの商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数20万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム



    覚悟と責任が必要?ペットを飼う前に考える大切なこと

    ペットを飼うのは、ペットの命を預かることです。ペットを飼う前に考えておくべき大切なポイントを解説します。

    参照:ペットを飼う前も、飼ってからも考えよう 飼い主の「責任」とは?

    ペットの飼育費用の目安を把握しておく

    ペットの飼育費用の目安

    ペットを飼う場合は、実際に育てていくうえでどの程度の費用がかかるのかを把握しておく必要があります。

    ペットは愛らしいだけではなく世話が必要で、病気になる可能性もある生きものです。エサ代や光熱費、医療費などさまざまな費用がかかります。

    またかかる費用は動物の種類によって異なるため、実際に飼っている人の暮らしを参考にしたり販売店に相談するのがおすすめです。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    ペットを購入した際に、購入費だけを考えていましたが、いざ準備を進めると世話に必要な道具やおもちゃなどの費用がかかることに気づきました。具体的に用意するものを洗い出しておくと目安がわかりやすいです。

    ペットと暮らす時間や場所を確保できるか確認しておく

    ペットが暮らすための場所の画像

    ペットを飼ったら、日常的にお世話をするための時間と場所が必要です。

    毎日必要な世話に加えて、通院や定期的なケアなど健康的に育てるためには時間がかかります。世話にかける時間を確保できるかよく考えましょう。

    また、お世話をするためにはペット用の場所もポイント。道具を置くための場所や、動物がリラックスして過ごせる場所を確保できるかも考える必要があります。

    現在の状況だけでなく、将来も同様の暮らしができるかどうかまで考えてペットを迎える覚悟をするのがおすすめです。

    ペットを飼う暮らしのメリットとデメリット

    次に、ペットを飼う暮らしのメリットとデメリットを紹介します。

    ペットを飼う暮らしのメリット

    暮らしに癒し絵を与えるペットの画像

    ペットを飼う大きなメリットは、癒しを感じられることです。ペットがいると、しぐさに癒されて笑顔が増えたり家族との会話が生まれたりします

    また、ペットの世話をするために規則正しい生活が送れることもメリットのひとつです。とくに散歩が必要な動物の場合は、運動する習慣が身に付くため健康的な生活を送ることができます。

    規則的な生活を送ることが難しい場合は、家族で世話ができないか検討するのがおすすめです。

    ペットを飼う暮らしのデメリット

    ペットを飼う暮らしのデメリットは、家を留守にしづらくなることです。ペットには毎日の世話が必要なので、長く家を留守にするのが難しくなるでしょう。旅行に出かける際は、ペットホテルや世話をしてくれる友人に預けるのがおすすめです。

    また、抜け毛やペットの餌で家のなかが汚れやすいデメリットもあります。ペットの種類によっては、においが気になりやすいケースもあるのでこまめな掃除や換気が必要です。

    ペットと暮らしはじめる前に知っておきたいこと

    ペットと暮らしはじめる前に、飼育予定の動物の習性を学んでおくのがおすすめです。ここからは、代表的なペットである犬と猫の特徴をそれぞれに解説します。

    暮らしはじめる前に知っておきたい犬の特徴

    走る犬の画像

    犬は、活発でよく運動する動物です。そのため、毎日散歩に連れ出し、家の中でも遊ぶ時間を多く作る必要があります。

    犬の先祖はオオカミであるといわれており、群れで過ごす習性やリーダーに従う習性があるのも特徴です。群れで過ごす習性の名残で寂しさを感じやすいので、一緒にいる時間はコミュニケーションを多くとってあげましょう。あわせて、リーダーに従う習性を活かしてしつけをするのがおすすめです。

    また、好奇心旺盛でいたずらをするのも犬の特徴のひとつ。家のなかで飼う際は、、犬の届く位置に危険なものを置かないようにしたり、過ごす場所を分けたりするのもポイント。ペットが部屋で過ごすことを想定した家づくりをするのがおすすめです。

    参照:犬・ねこの習性を知ることで、犬・ねこの特徴を学びましょう

    暮らしはじめる前に知っておきたい猫の特徴

    高いところから見下ろす猫の画像

    猫は、夜行性で運動能力が高い動物です。家のなかでも高いところに登るため、キャットタワーやキャットウォークなどを用意する必要があります。

    夜行性の猫は、日中は日向ぼっこをしながら寝ていることが多く、夜になると活動的になるのが特徴。運動が足りていない場合は、夜に家のなかを駆け回ることもあるので、寝る前に遊んで運動させてあげるのがおすすめです。

    また、猫はきれい好きなのでトイレや飲み水が汚れているとストレスを感じます。猫は毛もよく抜けるので、トイレだけでなく家じゅうをこまめに掃除をするとペットと飼い主が快適に暮らせる空間作りが可能です。

    ペットと暮らしやすい間取りのアイデア

    次に、ペットとの暮らしを豊かにする間取りのアイデアを紹介します。

    ペットと暮らしやすい間取りのアイデア①窓は外の景色が見える位置に設置する

    窓から外を見る猫の画像

    外が見える位置に窓を設置すると、ペットが視覚的な刺激を楽しめます

    とくに、車や人どおりのある場所が見えると、動く景色を眺めることが可能です。また、外の景色を見る行動は、見張りの意味もあります。犬の場合は警戒心から吠える可能性もあるため、近所迷惑にならないようにしつけをするのがおすすめです。

    ペットと暮らしやすい間取りのアイデア②階段は緩やかに設計する

    階段をのぼる猫の画像

    緩やかな階段は、ペットにかかる体の負担を減らせます。階段の上り下りは、ペットの足腰に負担がかかりやすいです。

    また、階段の段差が急だとペットが足を踏み外して落下する可能性もあります。ペットと暮らす家には、緩やかで踊り場の広い階段がおすすめです。

    ペットと暮らしやすい間取りのアイデア③土間空間を取り入れる

    土間のある間取り図

    土間があると、室内にペットがくつろぎやすい空間を確保できます

    土間は、家のなかにある床板を貼っていない自由な空間です。土間は広く使えるため、汚れたペットの手入れをする場所にもできます。段差がなく掃除がしやすいため、ペット用の空間にすればいつも清潔に保つことが可能。

    また、夏は涼しく冬は寒すぎない温度が保てるため、ペットがくつろぐスペースにも最適です。

    ペットとの暮らしにおすすめな家具

    ここからは、ペットとの暮らしにおすすめな家具を紹介します。

    おすすめ商品  10選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    アイアンベッド『Linique リニーク』
    ¥14,980~
    シングル,セミダブル,ダブル,クイーン
    照明&棚付きローベッド 『Famite ファミーテ』グレージュ
    ¥18,980~
    シングル,セミダブル,ダブル,セミシングル
    コンセント 棚付き 高さ調整すのこベッド『Asteria アステリア』
    ¥21,980~
    シングル,セミダブル,ダブル
    棚付きすのこローベッド 『Etany エタニー』ナチュラル
    ¥14,980~
    シングル,セミダブル,ダブル
    天然素材リゾートソファ(アバカ)カウチソファ
    ¥79,980~
    日本製 ダブルリクライニング ハイバックソファ
    ¥26,980~
    2人掛け,1人掛け
    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー
    ¥29,980~
    日本製 置くだけでズレない 洗える北欧調タイルカーペット 敷き詰め用セット
    ¥23,980~
    敷き詰め用 25枚セット(江戸間・団地間2畳),敷き詰め用 35枚セット(江戸間・団地間3畳),敷き詰め用 49枚セット(江戸間・団地間4.5畳),敷き詰め用 63枚セット(江戸間・団地間6畳),敷き詰め用 81枚セット(江戸間・団地間8畳)
    ヘリンボーン柄 い草風 ラグ 【6畳(約261×352cm)】
    ¥9,480~
    キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』単品
    ¥11,980~

    順番に特徴を見ていきましょう。

    アイアンベッド『Linique リニーク』

    アイアンベッド『Linique リニーク』
    ¥14,980~

    マットな塗装のアイアンがおしゃれなベッドです。床板にはすのこが使用されているため通気性を確保できます。傷が付きにくいため、ペットと暮らす部屋にもおすすめです。

    「アイアンベッド『Linique リニーク』」の人気の理由

    「アイアンベッド『Linique リニーク』」のレビュー

    レビューはまだありません。

    照明&棚付きローベッド 『Famite ファミーテ』グレージュ

    照明&棚付きローベッド 『Famite ファミーテ』グレージュ
    ¥18,980~

    高さが抑えられたデザインの商品。カラーは7色から選べるので、部屋の雰囲気にあわせて色が選択できます。またロースタイルのベッドなので、ペットでも上り下りしやすいのが魅力です。

    「照明&棚付きローベッド 『Famite ファミーテ』」の人気の理由

    「照明&棚付きローベッド 『Famite ファミーテ』」のレビュー

    レビュー
    タ.

    コスパ抜群
    この値段でしっかりしていて、コンセントも小物がおける棚もあって、コスパ最高だと思います。直接床にすのこを敷くタイプもありますが、少し金額をあげてもこちらのすのこが浮いているタイプの方がいいと思いました。

    匿名

    快適です。
    ベビーベッドを卒業して親子3人で寝るためにセミシングルとセミダブルを購入しました。購入前からの質問に丁寧に答えてくださり、大変ありがたかったです。家の階段が急カーブなため、大きいと搬入出来ないので、今回のベッドが小さく梱包してあるということが購入の決め手でした。小さく梱包ということは、組み立てがたくさんで大変なんだろうな…と覚悟していましたが、あっという間に完成しました。
    広くなって快適で、子どももスヤスヤ寝ています。

    ▼ファミーテについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

    RASIK(ラシク)のファミーテはどんなベッド?特徴や口コミを徹底解説
    RASIK(ラシク)のファミーテはどんなベッド?特徴や口コミを徹底解説

    コンセント 棚付き 高さ調整すのこベッド『Asteria アステリア』

    コンセント 棚付き 高さ調整すのこベッド『Asteria アステリア』
    ¥21,980~

    床板がすのこ状のベッドです。高さは3段階に変えられるので、ペットと寝る場合はロースタイルに調節できます。ヘッドボードにコンセントが付いているのも魅力です。

    「高さ調整すのこベッド『Asteria アステリア』」の人気の理由

    「高さ調整すのこベッド『Asteria アステリア』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    ダブル✖️ダブル購入
    Instagramで見てからずっとデザインに惹かれていました。
    プレゼント企画などにも応募してみましたがやはり当たらず…思い切って購入してみました。
    フレームとマットレス合わせて購入しました。
    女1人でダブル×ダブルを作ったので3時間程かかりました(汗)
    電動ドリルを使ったので思ったより簡単には作れたのでお持ちの方やない方は借りたりして作る事をおすすめします!
    【説明書】分かりやすく見やすいですが一個間違えるとネジを全て外す為番号が隠れない様にして頂くのと番号以外に「上」や「下」などの表記も欲しかった。
    【重さと強度】
    今まで某海外家具のベッドを使ってました。
    一個一個の木材が重くその分値段の割にしっかりしていたので良かったですが
    こちらは支える木材薄く誤って移動時や掃除の時に誤って乗ってしまったらすぐ壊れちゃいそうな不安があります。
    値段も値段なのでやっぱりそうかという感じ。
    今使い始めたばっかりなのでまた使ってみたらレビューしてみたいと思います。


    棚付きすのこローベッド 『Etany エタニー』ナチュラル

    棚付きすのこローベッド 『Etany エタニー』ナチュラル
    ¥14,980~

    2口コンセント付きのベッドです。シンプルなデザインでどのような部屋にもなじみやすく、寝室を落ち着いた空間にできます。落ちた際の衝撃がすくないフロアベッドなので、ペットとも寝やすいです。

    「棚付きすのこローベッド 『Etany エタニー』」の人気の理由

    「棚付きすのこローベッド 『Etany エタニー』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    愛犬の足腰負担の軽減に
    愛犬が10歳になり今までの引き出し付きのベッドだとジャンプに失敗などもするようになり危険と判断しローベッドに替えました。

    最初は、助走をつけてジャンプしてましたが今はそんな助走をつけずに楽に乗れると言うことが分かり
    スムーズに乗ってきて寝ています。

    買って良かったです。

    匿名

    初めてのベッド☺️
    58歳にて初めてベッド購入しました。
    孫と一緒に寝られる様にセミダブルで。
    正直、超快適です!
    組立ても簡単で、硬めのマットにしたのですが、
    寝心地最高ですょ☺️
    孫も絶賛してます笑笑🤗
    買って良かったです❣️


    天然素材リゾートソファ(アバカ)カウチソファ

    天然素材リゾートソファ(アバカ)カウチソファ
    ¥79,980~

    天然のウォーターヒヤシンスを使ったソファです。カバーリング仕様で、汚れた際も洗濯機で丸洗いできます。また、カウチソファは座面が広いためペットと一緒でも座れるのが魅力です。

    「天然素材リゾートソファ(アバカ)カウチソファ」の人気の理由

    「天然素材リゾートソファ(アバカ)1人掛け」のレビュー

    レビューはまだありません。

    日本製 ダブルリクライニング ハイバックソファ

    日本製 ダブルリクライニング ハイバックソファ
    ¥26,980~

    ハイバック仕様のリクライニングソファです。カラーバリエーションは3色あります。フルフラットにするとベッドのように使うことも可能。また、傷に強い素材が使われているためペットと暮らす部屋にもおすすめです。

    「日本製 ダブルリクライニング ハイバックソファ」の人気の理由

    「日本製 ダブルリクライニング ハイバックソファ」のレビュー

    レビューはまだありません

    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー

    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー
    ¥29,980~

    ブラックとホワイトの2色から選べるレザーソファです。高さを抑えたフロアタイプなので、子どもやペットが上り下りしやすい仕様が魅力。また、汚れが付きにくい生地を使っているためペットと暮らす家にもおすすめです。

    「日本製 フロアこたつソファ(2人掛け)レザー」の人気の理由

    「日本製 フロアこたつソファ(2人掛け)レザー」のレビュー

    レビュー
    匿名

    凄っく気持ちいいです
    届いた時は、大きくてびっくりしましたが、軽くて座り心地が良かったです。
    ゴロゴロしてると、あまりの気持ち良さに眠てしまいます

    匿名

    オフホワイトに近い色
    お気に入りのソファーを買えて満足してます(*^^*)壁の白と、ソファーの色が風合い良くて問題ないです!ちなみにクッションは裏は生地です(*^^*)写真撮りました!


    日本製 置くだけでズレない 洗える北欧調タイルカーペット 敷き詰め用セット

    日本製 置くだけでズレない 洗える北欧調タイルカーペット 敷き詰め用セット
    ¥23,980~

    敷くだけで使える北欧調タイルカーペット。フローリングに敷き詰めれば、部屋の雰囲気を自由に変えられます。毛足はカットパイル使用で、ペットの詰めが引っかかりにくいのも魅力。また遮音性があるため、ペットと暮らす家におすすめです。

    「置くだけでズレない 洗える北欧調タイルカーペット」の人気の理由

    「置くだけでズレない 洗える北欧調タイルカーペット」のレビュー

    レビューはまだありません

    ヘリンボーン柄 い草風 ラグ 【6畳(約261×352cm)】

    ヘリンボーン柄 い草風 ラグ 【6畳(約261×352cm)】
    ¥9,480~

    い草風のヘリンボーン柄のラグ。パイン素材を使っているので、一年中サラサラとした肌触りが楽しめます。また水洗いができるため、ペットと暮らす家にもおすすめです。

    「ヘリンボーン柄 い草風 ラグ 【6畳(約261×352cm)】」の人気の理由

    「ヘリンボーン柄 い草風 ラグ 【6畳(約261×352cm)】」のレビュー

    レビュー
    匿名

    思った以上です。
    以前から使用していた物が暗い色合いでしたので、部屋が明るくなりました。
    ピンクと言っても柔らかなカラーなのでどんな家具にもマッチすると思います。

    m.f.

    畳の部屋にフロアシートをはりました
    主張し過ぎないデザインと色
    丸洗いできるのがよくて購入しました。
    地ベタに座るにはゴザなので痛い…
    ダイニングテーブルの下にひく為に購入しました。


    キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』単品

    キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』単品
    ¥11,980~

    キューブ型のビーズクッション。もちもちとした感触で、包み込まれるような感覚を体感できます。カバーは洗濯できるため、ペットのリラックススペースにもおすすめです。

    「キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』単品」の人気の理由

    「キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』単品」のレビュー

    レビュー
    ひ.

    キューブ型ビーズクッション 『STIIBO』
    色が可愛くて大きさもちょうど良かったです!!ペットもとても気に入っていていつもクッションでくつろいでいます。

    匿名

    めっちゃいい!
    我が家のリビングは広さがないので、2つこちらのビーズクッションを並べてソファ代わりに使ってます。
    控えめに言ってめっちゃいいです!
    洗い替え用に別の色も購入しようか検討中です。

    暮らしのなかでペットを守る工夫

    続いて、暮らしのなかでペットを守る工夫を紹介します。

    暮らしのなかでペットを守る工夫①フローリングにはマットを敷く

    ペットのけが対策でフローリングにマットを敷いた画像

    フローリングにマットを敷くと、ペットが滑ってけがをするのを防ぎやすいです。

    フローリングは、滑りやすいのでペットの脚に負担がかかりやすいです。マットを敷くことで、ペットへの負担を減らすことができます。

    また、マットを敷くと床に傷が付くのを防ぐことも可能です。



    暮らしのなかでペットを守る工夫②ペットフェンスを活用する

    ペットフェンスは、ペットが玄関から飛び出したり、危ない場所に入るのを防ぎます

    室内でペットを飼っていると、思わぬ事故が起こることは多いです。たとえば、ペットが暖房器具の近くに座ってやけどをしたり、料理中にキッチンに入りけがをしたりするケースがあります。

    ペットフェンスを使えば、事故のリスクを減らすことが可能です。また、飼い主の留守中にペットが行ける場所を制限して、いたずらを予防することもできます。

    ペットフェンスは、使用場所にあわせた種類を選ぶのがおすすめです。

    ペットが暮らす部屋は必要?

    ペット用ケージで暮らす猫の画像

    ペットには、専用の部屋や場所をつくると管理がしやすくなります。

    専用の場所があると、ペット用の道具をまとめることが可能です。また、ペット用の食事や寝るための場所があると、飼い主がいなくても自分の空間で落ち着けるようになります。

    部屋が確保できない場合でも、ペット用に場所を設けてあげるのがおすすめです。


    ペットと暮らす家の実例

    続いて、ペットと暮らす家の実例を紹介します。

    犬用ケージを置いたリビングの実例

    リビングで犬と過ごす家の実例です。犬用のスペースを確保するために、ケージを用意しています。床にマットを敷いて、犬が滑りにくい工夫がされたリビングです。

    ペット用通路のあるリビングの実例

    ペット用通路のある部屋で暮らす猫の画像

    ペット用の通路があるリビングの実例です。専用の通路になるため、ペットが部屋のなかを自由に探索できるメリットがあります。

    玄関につながる通路の場合は、ペットが飛び出してしまわないように注意が必要です。

    ペットと暮らす家を守る工夫

    最後に、ペットと暮らす家を守る工夫を紹介します。

    ペットと暮らす家を守る工夫①角や柱には傷防止シートを貼る

    ペットを飼うと、家に傷や汚れが付きます。とくに、家の柱や角に傷や汚れを付けやすいです。そのため、ペットを連れてくる前に、シートで傷対策をするのがおすすめ

    家の内装や家具に使える傷防止シートは、100円ショップでも購入できます。賃貸の場合は、原状復帰するために貼って剥がせる商品を使用するのがよいでしょう。

    ペットと暮らす家を守る工夫②換気をこまめにする

    換気をしておもちゃを乾かす様子の画像

    ペットと暮らす家では、こまめな換気で空気を入れ替える必要があります。

    ペットを飼うとにおいがこもりやすくなるため、壁や床が吸収する前に換気をするのがおすすめです。においが残りやすいペットのトイレは、早めに掃除をすると対策ができます。

    また、換気をしてもにおいが消えない場合は、ペットが使用している寝具やおもちゃを洗うと薄くすることが可能です。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    消臭剤を使用する際は、ペットが吸い込んでも問題がないか成分表を確認する必要があります。

    まとめ

    本記事では、ペットと快適に暮らすために考えておくべきことを紹介しました。ペットを飼うことは責任を伴うため、長い目で暮らし方を考えておくのがおすすめです。

    ペットと飼い主が快適に暮らすために新しく家具の購入を検討している方は、本記事で紹介した商品も参考にしてみてください。

    よくある質問

    ペットとの暮らしにデメリットはありますか?

    デメリットは家を長く留守にできないことです。ペットを連れていける場所は限られるので、出かける際は預け先を見つけておくようにしましょう。

    >>詳しく見る

    ペットと暮らしやすい家はありますか?

    ペットの特性にあわせた間取りの家がおすすめです。たとえば、猫を飼う場合はキャットウォークやキャットステップが置きやすい家だと、ペットが快適に暮らせます。

    >>詳しく見る

    関連記事一覧

    夫婦喧嘩後も同じベッドで寝るべき?寝方のパターンや一緒に寝やすいおすすめ商品を紹介
    夫婦喧嘩後も同じベッドで寝るべき?寝方のパターンや一緒に寝やすいおすすめ商品を紹介
    後悔しない買い物をする方法を解説!衝動買いの心理や原因から失敗を防ぐ対策を解説
    後悔しない買い物をする方法を解説!衝動買いの心理や原因から失敗を防ぐ対策を解説
    女性や一人暮らしの生活を豊かにするものは?おすすめのインテリアやアイディアも紹介
    女性や一人暮らしの生活を豊かにするものは?おすすめのインテリアやアイディアも紹介
    家づくりのコツは自分らしさを大事にすること|日本大学藝術学部 若原一貴教授にインタビュー!
    家づくりのコツは自分らしさを大事にすること|日本大学藝術学部 若原一貴教授にインタビュー!
    社会人におすすめのベッドや商品選びの失敗例を解説!男女別にコーディネート方法も紹介
    社会人におすすめのベッドや商品選びの失敗例を解説!男女別にコーディネート方法も紹介
    彼氏が泊まりに来た際にシングルベッドしかない場合の寝る場所は?おすすめ寝具も紹介
    彼氏が泊まりに来た際にシングルベッドしかない場合の寝る場所は?おすすめ寝具も紹介
    おすすめの寝方は?横向き・仰向け・うつ伏せで寝るメリットやデメリットも紹介
    おすすめの寝方は?横向き・仰向け・うつ伏せで寝るメリットやデメリットも紹介
    黒いマットレスを使用するメリットは?デメリットや風水視点での取り入れ方も紹介
    黒いマットレスを使用するメリットは?デメリットや風水視点での取り入れ方も紹介