店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    ダイニングテーブルとソファの適切な配置距離は?おすすめのレイアウト例も紹介

    ダイニングテーブルとソファの適切な配置距離は?おすすめのレイアウト例も紹介
    2024年7月11日

    ソファとダイニングテーブルは、どちらも大型家具なので配置方法に悩んでしまいますよね。配置するには、「リビングとダイニングに分ける方法」と「リビングダイニング兼用の方法」があります。家具の配置を考える際は、部屋の間取りや暮らし方にあわせるのがおすすめです。

    そこで本記事では、ソファとダイニングテーブルの配置パターンやレイアウトを紹介します。そのほかにもリビングダイニング兼用レイアウトのメリットとデメリットやおすすめな商品を紹介するので、配置方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数24万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム

    インテリアアドバイザー
    『RASIK LIFE』ライター
    栗田 菜月

    二級建築士・インテリアコーディネーター・カラーコーディネーター資格を保有。2024年よりRASIK LIFE編集部に所属し、ライターとして家具やインテリアに関する記事執筆を担当。インテリアコーディネーターとして、コーディネートのアドバイスもおこなう。趣味は北欧家具やインテリアショップ巡り。


    ダイニングテーブルとソファの適切な距離は?

    ダイニングテーブルとソファの適切な距離

    ダイニングテーブルとソファの適切な距離は、約80センチから約90センチです。家具の間に約80センチ以上の余白スペースがあると、立ち座りや移動がしやすくなります。

    また壁と家具の間も同様の距離を取ると、生活動線の確保ができるので利便性の高いレイアウトに仕上がるでしょう。余白スペースが広くなりすぎてしまう場合は、大きなサイズの家具を選ぶとまとまりのある部屋づくりができます。

    ソファとダイニングテーブルの配置パターン

    まずは、ソファとダイニングテーブルの配置パターンを解説します。

    リビングとダイニングに分けて置くパターン

    リビングとダイニングに分けてソファとテーブルを置くレイアウト図

    ソファとダイニングテーブルは、リビングとダイニングのそれぞれに分ける配置パターンがあります。ソファとダイニングテーブルを別々のスペースに配置すると、「くつろぐ空間」と「食事をする空間」に分けることが可能です。

    またソファとダイニングテーブルの周りに余白スペースができるので、それぞれの空間で家具選びを楽しめます。部屋を広く使ってインテリアコーディネートを楽しみたい方におすすめの配置です。

    栗田 菜月
    インテリアアドバイザーのコメント
    『RASIK LIFE』ライター
    栗田 菜月
    ダイニングテーブルとソファを分けて配置する際は、圧迫感が出るケースがあります。開放感のある部屋づくりをするためには、線が細いデザインや脚付きで床が抜けて見える家具とあわせるのがおすすめです。

    リビングにソファとダイニングテーブルを置くパターン

    リビングにソファとダイニングテーブルを置いたレイアウト図

    ソファとダイニングテーブルは、組み合わせて配置するパターンもあります。リビングダイニングの家具が1ヶ所にまとまるため、部屋を広く使える配置です。

    ソファとダイニングテーブルの組み合わせは、食事だけでなくソファでテレビ見ながら楽しむこともできます。省スペースでソファとダイニングテーブルを設置できるため、一人暮らしの部屋や狭いリビングにもおすすめです。


    リビングにテレビ・ソファ・ダイニングテーブルを配置したレイアウト

    リビングにテレビ・ソファ・ダイニングテーブルを配置したレイアウト図

    リビングにテレビ・ソファ・ダイニングテーブルを配置したレイアウトは、テレビの向きがポイントです。テレビの置き方によって、部屋での過ごし方が変わります。

    テレビとソファは平行に置くと、リビングでくつろぎながら見ることが可能。またダイニングからテレビを楽しむ際は、斜めに置くのがおすすめです。さらに大人数がリビングに集まる場合は、テレビとソファをL字に置く配置も適しています。

    またテレビとソファは、近い位置に置くと圧迫感が出やすいです。そのためダイニングテーブルは、余白スペースを残せる位置に配置するのがよいでしょう。


    ▼リビングのレイアウトについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。
    縦長リビングを7畳から20畳までの広さ別レイアウトで紹介!家具の配置パターンも解説
    縦長リビングを7畳から20畳までの広さ別レイアウトで紹介!家具の配置パターンも解説

    LDKにソファ・ダイニングテーブルを配置したレイアウト

    LDKにソファ・ダイニングテーブルを配置したレイアウト図

    LDKにソファ・ダイニングテーブルを設置するなら、リビングダイニング兼用の配置がよいでしょう。

    LDKは、「リビング・ダイニング・キッチン」が同じ空間にある間取りを指します。そのため、ソファとダイニングテーブルを置くと部屋が窮屈になるケースがあるかもしれません。

    しかしリビングダイニング兼用のレイアウトにすると、大型家具が1ヶ所に集まるので余白スペースを広く確保できます。また限られたスペースで、ソファとダイニングテーブルを楽しみたい方にもおすすめです。


    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    1LDKの部屋で一人暮らしをしていた頃に、ソファとダイニングテーブルを1か所にまとめて置いていました。あいた空間に趣味の道具を収納できたので、省スペースで部屋づくりがしたい方におすすめのレイアウトです。

    リビングダイニング兼用レイアウトのデメリットとメリット

    続いては、リビングダイニング兼用レイアウトのデメリットとメリットを解説します。

    リビングダイニング兼用レイアウトのデメリット

    ソファのデザインによる違い

    リビングダイニング兼用レイアウトで暮らすデメリットは、横になってくつろぎにくいことです。

    リビングダイニング兼用レイアウトで使用するソファは、ダイニングテーブルにあわせて使用する傾向にあります。そのため横になってくつろぐには、座面や背もたれにクッション性が足りないケースがあるかもしれません。

    リビングで横になってくつろぎたい方は、あいた余白スペースにクッションを置いてリラックススペースをつくるのもおすすめです。

    リビングダイニング兼用レイアウトで暮らすメリット

    余白スペースが広いリビングダイニングのレイアウト図

    リビングダイニング兼用レイアウトで暮らすメリットは、部屋を有効活用できることです。

    ダイニングスペースとリビングスペースを分けたレイアウトは、家具の数が多くなりやすいのが特徴。そのため、部屋が狭くなるケースがあります。一方でリビングダイニング兼用のレイアウトは、部屋の余白スペースを広く確保することが可能です。あいたスペースは、子どもの遊び場や趣味のスペースとしても活用できます。

    また、リビングダイニング兼用のソファは浅く座るデザインが多いでしょう。そのため、高齢者や足腰を痛めている方でも立ち座りがしやすいのも魅力です。

    ソファとダイニングテーブルのセットは疲れる?くつろげない原因

    ソファとダイニングテーブルをあわせて使うと、疲れてしまうケースがあるかもしれません。ここからは、くつろぎにくく感じる原因を解説します。

    ソファとダイニングテーブルの距離が近い

    座りやすいソファとテーブルの距離

    くつろぎにくいとされる原因には、ソファとダイニングテーブルを適切な距離で使えていないケースがあります。

    座りやすいソファとダイニングテーブルの距離は、約10センチです。約10センチの幅があると、ソファへの出入りもしやすくできます。

    また、ソファの背面側に余白スペースをつくるのもポイントです。余白スペースがあると、用途にあわせてソファとダイニングテーブルの距離を調節できます。座り方や体格にあわせて距離を調節すると、くつろぎやすくなるでしょう。

    ソファとダイニングテーブルの高さがあっていない

    セットで購入できるダイニングソファの画像

    ソファとダイニングテーブルの高さがあっていないのも、くつろぎにくい原因のひとつです。

    ソファの座面とダイニングテーブルの天板との高さの差が用途や体格にあっていないと、くつろぎにくさを感じるケースがあります。用途にあわせて適した高さを選ぶと、疲れを感じにくくなるでしょう。

    また商品選びで悩んだ際は、ソファとダイニングテーブルがセットで販売されているタイプを選ぶのもおすすめです。

    栗田 菜月
    インテリアアドバイザーのコメント
    『RASIK LIFE』ライター
    栗田 菜月
    食事や作業で使用する場合は、約30センチの差がある商品が適しています。また座った際に沈み込みやすいソファは、ダイニングテーブルとの距離ができやすいので注意が必要です。

    人気なリビングダイニング兼用の部屋におすすめなインテリア

    ここからは、リビングダイニング兼用の部屋におすすめなインテリアを紹介します。

    おすすめ商品  6選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    ソファダイニング『DINOVA ディノバ』
    ¥60,980~
    北欧風 2人掛け 木枠ソファ『TRYGG トゥリッグ』
    ¥24,980~
    コーデュロイ ダイニング ソファ
    ¥14,980~
    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)
    ¥7,980~
    日本製 ダイニング コーナー ソファ
    ¥22,980~
    デザイナーズ 木枠ソファ 1人掛け 肘付き『VARANOJD ヴァーラネイド』
    ¥29,980~

    順番に特徴を見ていきましょう。

    ソファダイニング『DINOVA ディノバ』

    ソファダイニング『DINOVA ディノバ』
    ¥60,980~

    天然木ニレを使用したソファダイニングです。ファブリックのカラーはグレーとダークブラウンから選べます。ダイニングテーブルとあわせて配置するソファは、アーム付きタイプやベンチタイプなどから選ぶことが可能です。

    「ソファダイニング『DINOVA ディノバ』」の人気の理由

    「ソファダイニング『DINOVA ディノバ』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    L字4点セットのダークブラウンを購入
    ソファは、硬すぎず柔らかすぎず丁度いい硬さで座り心地いいです。
    背もたれはちょっと低めですが、圧迫感がないので気にいってます。

    匿名

    とても良い買い物ができました!
    色々見てかなり悩み、テーブルの高さが低い気がしたのですが届いてみて椅子とテーブルのバランスや座面のクッションの硬さも丁度良く部屋が広く見えるバランスに感動しました。
    とてもいい買い物ができました。
    木の質もとてもよかったです。
    女性1人で1時間程で組み立てもできました!
    また、他の家具も検討中です。


    北欧風 2人掛け 木枠ソファ『TRYGG トゥリッグ』

    北欧風 2人掛け 木枠ソファ『TRYGG トゥリッグ』
    ¥24,980~

    北欧風の木枠ソファです。3色のベーシックカラーから好みのカラーを選べます。弾力のある柔らかすぎない座り心地のため、ダイニングテーブルとあわせて配置しても疲れにくいのが魅力です。

    「北欧風 2人掛け 木枠ソファ『TRYGG トゥリッグ』」の人気の理由

    「北欧風 2人掛け 木枠ソファ『TRYGG トゥリッグ』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    思った通りの椅子
    大きなソファをやめて一人用のシンプルでリビング置いても
    素敵な椅子を探しいて
    こちらのサイトで購入しました
    画像だけで選んだので届いて見るまで少し不安でしたが
    とても素敵な座りやすいものでした
    お店の対応もよく又利用したいと思いました

    な.

    かわいいです♡
    組み立て1人では厳しいですが、2人で簡単に組み立てられました。可愛いし、ひじ掛けにクッション置いて、足を伸ばしてくつろげます♡


    コーデュロイ ダイニング ソファ

    コーデュロイ ダイニング ソファ
    ¥14,980~

    コーデュロイのダイニングソファです。カラーバリエーションは4色から選べます。1人掛けサイズもあるので、ダイニングテーブルの大きさにあわせて配置しやすいのが特徴。また、ソファのカバーは外して洗えるため清潔に保ちやすいのも魅力です。

    「コーデュロイ ダイニング ソファ」の人気の理由

    「コーデュロイ ダイニング ソファ」のレビュー

    レビュー
    だ.

    可愛すぎる♡
    インスタで見つけてちょうど探してたイメージのベンチだったので、即購入!
    クーポンがあった時なのでラッキーでした!
    組み立ても簡単に1人で出来ました♪
    コーディロイがとても可愛いし、座り心地も柔らかすぎずにいい感じです♪

    k.

    おしゃれ!
    コーデュロイソファはカバーを取り外しできるので季節ごと色を変えてもいいかな、と思いました。コーデュロイが高見えしてお気に入りです。テーブル、ソファと組み立ては簡単でした!


    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)

    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)
    ¥7,980~

    ダイニングテーブルとあわせて使用しやすいソファです。カラーバリエーションは5色あります。また取り外し可能な脚も特徴のひとつ。部屋の雰囲気や気分にあわせてソファの高さが変えられます。コーナーソファとあわせると、L字型の配置も楽しめるのが魅力です。

    「ダイニングソファ(ヴィンテージ調)」の人気の理由

    「ダイニングソファ(ヴィンテージ調)」のレビュー

    レビュー
    匿名

    ジャストサイズ
    我が家の小さいリビングにはジャストサイズでした😊

    匿名

    大満足です。
    普段は2人ですが、娘2家族が近くにおり、
    喜んでいます。


    日本製 ダイニング コーナー ソファ

    日本製 ダイニング コーナー ソファ
    ¥22,980~

    自由な配置を楽しめるダイニングソファです。カラーは部屋のテイストにあわせて5色から選べます。ダイニングテーブルとあわせて配置しやすいソファを探している方におすすめです。

    「日本製 ダイニング コーナー ソファ」の人気の理由

    「日本製 ダイニング コーナー ソファ」のレビュー

    レビュー
    C

    大きさがちょうどよかった
    引っ越ししてLDKがあんまり広くないので、リビングとダイニングを兼用にしようと思い購入しました。組み立ても足をつけるだけなので簡単でした。

    匿名

    アイボリーを購入
    アイボリー色を購入しました。もっと明るい色を想像していましたが、ベージュ色に近い色味でした。
    コンパクトサイズで我が家にぴったりでした。


    デザイナーズ 木枠ソファ 1人掛け 肘付き『VARANOJD ヴァーラネイド』

    デザイナーズ 木枠ソファ 1人掛け  肘付き『VARANOJD ヴァーラネイド』
    ¥29,980~

    ダイニングテーブルとあわせて配置できる木枠ソファです。木部分は高級感のあるブラウンを採用しています。北欧らしい温かみのあるソファを探している方におすすめです。

    「デザイナーズ 木枠ソファ 1人掛け 肘付き『VARANOJD ヴァーラネイド』」の人気の理由

    「デザイナーズ 木枠ソファ 1人掛け 肘付き『VARANOJD ヴァーラネイド』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    しっかりとした落ち着いたソファーです
    昨年末に購入し、3か月程度使用しての感想です。迷った結果、色はネイビーを選びました。独特の足の形状と相まって、落ち着いたしっかりとした雰囲気で気に入っています。組み立ては一人で行いましたが、特に迷うこともなく、2人いれば余裕で行えると思います。ソファーは様々な価格や種類があありますが、価格と品質のバランスが取れている製品だと思います。

    匿名

    素敵なソファです♪
    当初トゥリッグを購入予定でしたが、タイミングよく20%offクーポンが出たので、3人掛けのグリーンを購入しました。
    購入前に現物が見られなくて不安でしたが、生地やグリーンの色味もよく、お値段3万円代には見えない、とても素敵なソファでした!
    クッションは硬めなので、柔らかく沈み込むようなソファが好みの方には向かないかもしれません。私は姿勢が保ちやすくて好きです。
    組み立ては計10本のネジを締めるだけ、大人2人で30分ほど。とても良い買い物でした。

    ソファの後ろにダイニングテーブルを配置するレイアウト例

    ソファの後ろにダイニングテーブルを置いたレイアウト例

    ダイニングテーブルは、ソファの後ろに配置することが可能。部屋を広く使いやすいのが特徴です。

    ソファの背もたれにダイニングテーブルを付けると、部屋の中央に家具をまとめて配置できます。キッチンとダイニングテーブルや、テレビとソファの距離を広く確保できるのもメリットです。

    またソファの向きを変えると、ダイニングテーブルを大人数で使用することもできます。省スペースでレイアウトできるので、リビングが狭い方にもおすすめです。

    後悔しないためのソファとダイニングテーブル配置のポイント

    最後に、後悔しないためのソファとダイニングテーブル配置のポイントを紹介します。

    ポイント①家具の周りに余白スペースを確保する

    家具の周りに余白スペースがあるレイアウト例

    ソファとダイニングテーブルを配置する際は、家具の周りに余白スペースを確保するのがポイントです。

    適度な余白スペースがないと、生活動線が確保できず窮屈に感じるケースがあります。また、来客者にも雑多な印象を与えてしまうかもしれません。

    家具は、周りに約20センチの余白スペースを残すように配置するのがおすすめです。

    ポイント②暮らしにあわせた配置を意識する

    暮らしにあわせたレイアウトの例

    ソファとダイニングテーブルの配置は、暮らし方にあわせるのもポイントです。暮らし方にあった配置をすると、使いにくさを感じにくくなります。

    テレビ鑑賞を楽しみたい方は、リビングにソファを配置するとくつろぎやすいでしょう。また作業スペースをつくりたい方は、ダイニングテーブルとソファをあわせて配置するのもポイント。

    ソファとダイニングテーブルをどのように使用するのか具体的にイメージすると、配置時の失敗を防ぎやすくなります。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    過去に配置方法で悩んだ際は、シミュレーションツールを活用してレイアウトしました。部屋の間取りにあわせて家具の配置を試せるため、置き方に悩んでいる方におすすめです!

    まとめ

    本記事では、ソファとダイニングテーブルの配置パターンやレイアウトを紹介しました。ソファとダイニングテーブルは、配置場所によって使い方が異なるため暮らし方にあわせた置き方がおすすめです。

    ソファとダイニングテーブルの購入を検討している方は、本記事で紹介した商品も参考にしてみてください。

    よくある質問

    ソファとダイニングテーブルを組み合わせて使えますか?

    ソファとダイニングテーブルを組み合わせると、ソファダイニングとして使用できます。リビングダイニング兼用のレイアウトができるので、部屋を広く使えるのが魅力。ソファとダイニングテーブルの組み合わせは、一人暮らしの方やリビングのスペースが限られている方におすすめです。

    >>ソファとダイニングテーブルを組み合わせるメリットはこちら

    ソファとダイニングテーブルはセットで買えますか?

    ソファとダイニングテーブルをセットで販売している商品は多くあります。セットで販売している商品は、使いやすい高さ設計がされているためおすすめです。また、デザインも統一されているのでレイアウトがしやすい魅力もあります。

    >>おすすめな商品はこちら


    関連記事一覧

    おすすめのハイバックソファを紹介!失敗しやすい人の特徴や後悔しない選び方も解説
    おすすめのハイバックソファを紹介!失敗しやすい人の特徴や後悔しない選び方も解説
    ソファは子育て中にいらない?買わない方がいい人の特徴や代わりになる商品も紹介
    ソファは子育て中にいらない?買わない方がいい人の特徴や代わりになる商品も紹介
    白とベージュの部屋をおしゃれにする差し色は?コーディネート例やおすすめ商品も紹介
    白とベージュの部屋をおしゃれにする差し色は?コーディネート例やおすすめ商品も紹介
    グレーとピンクの部屋をつくるコツはある?コーディネート例やおすすめの商品も紹介
    グレーとピンクの部屋をつくるコツはある?コーディネート例やおすすめの商品も紹介
    座面の広いソファおすすめ15選!1人掛け・2人掛け・3人掛けの選び方を解説
    座面の広いソファおすすめ15選!1人掛け・2人掛け・3人掛けの選び方を解説
    映えるインテリアや小物は?部屋をおしゃれにするポイントやコーディネート実例も紹介
    映えるインテリアや小物は?部屋をおしゃれにするポイントやコーディネート実例も紹介
    インテリアにこだわりすぎるとよくない?好きな人の特徴や心理についても解説
    インテリアにこだわりすぎるとよくない?好きな人の特徴や心理についても解説