店内全品 送料無料  ※一部地域を除く
0
×
カートに追加しました
    ※サイズ・カラー等お間違えがないか、今一度ご確認をお願い致します。

    合皮とはどんな素材?ひび割れを起こす原因やインテリアの手入れ方法もあわせて紹介

    合皮とはどんな素材?ひび割れを起こす原因やインテリアの手入れ方法もあわせて紹介
    2024年2月12日 2024年2月12日

    インテリアのなかには、合皮を使った商品があります。しかし合皮といっても、本革とどのような違いがあるのか、またインテリアに取り入れるべきなのかどうか、気になる人もいるでしょう。

    そこで本記事では、合皮の基本的な情報について具体的に解説しながら、合皮のインテリアを取り入れるメリットとデメリットを紹介します。さらに合皮がひび割れを起こす原因手入れ方法についても解説するので、合皮素材のインテリアを検討中の人はぜひ参考にしてみてください。

    目次

    監修者
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也

    2023年にRASIKを運営する株式会社もしもへ入社後、『RASIK LIFE』編集長に就任。自身が持つ不眠症の悩みをきっかけに、寝具について学ぶ。睡眠検定3級。商品の企画・生産・品質管理・販売までを一貫しておこなっている会社の特徴を活かし、実際に商品をチェックしながら記事を作成。フォロワー数15万人超えのRASIK公式インスタグラムでは、商品のレイアウトなども公開中。
    公式:インスタグラム


    合皮(合成皮革)について

    合皮素材の例

    合皮は、動物の皮が一切使われていない素材のことです。合成皮革の略称で、人工的に作られています。合皮の主な原料は、ポリエステルやナイロンなどです。基材となる布素材に合成樹脂を塗って作られます。

    椅子などのインテリアをはじめ、カバンや靴、財布といったさまざまな商品に使用される素材です。


    合皮の読み方と英語表記

    合皮は、皮を合わせると書いて「ごうひ」と読みます。また英語で表す場合、「Synthetic leather」や「Artificial leather」、「Faux-leather」など、さまざまな表し方があります。

    一方、本革は「Real leather」や「Genuine leather」と表すため、「leather」の前に付く言葉で合皮であるか本革であるかを判断すると良いでしょう。

    合成以外の人工的な革とそれぞれの特徴

    人工的な革は、合皮以外にもさまざまな種類があります。次に、合皮以外の代表的な人工革とその特徴をみていきましょう。

    人工皮革とは

    人工皮革のイメージ

    人工皮革とは、天然皮革に似せたポリウレタン樹脂が原料の素材のことです。合成皮革と異なり、基材に特殊不織布を使用しています。

    しかし主な原料や性質は、合成皮革と大きな違いがありません。そのため、特殊不織布の使用の有無が合成皮革と人工皮革の違いの判断基準になります。

    人造皮革(フェイクレザー)とは

    人造皮革(フェイクレザー)のイメージ

    人造皮革(フェイクレザー)とは、人工的に作られた革全般を指す言葉です。そのため、合成皮革や人工皮革も人造皮革に含まれます。

    また近年では、サステナブルや動物福祉の観点からヴィーガンレザーと呼ばれるケースもあるでしょう。ヴィーガンは、動物性食品の摂取や使用を避ける働きを指し、海外を中心に広がりをみせています。

    さらにヴィーガンレザーには、植物由来の商品があるのもポイント。パイナップルの葉で作られた「パイナップルレザー」やきのこの菌糸体で作られた「きのこレザー」など、環境に優しい素材を原料した商品もあります。

    レザー(本革)と合皮の違いと見分け方

    合皮と本革の比較画像

    レザー(本革)とは、動物の皮を原料にした天然素材のことです。牛革や羊革などの家畜動物からヘビ革、ワニ革など爬虫類の皮を使用するケースもあります。

    レザー(本革)と合皮では、原料に違いがあります。また本革は、基本的にひび割れを起こしにくいです。見た目で違いを判断するのが難しいケースもありますが、長く使用すると経年変化で違いが現れます。

    インテリアに選ぶならレザー(本革)と合皮のどっちがいい?

    インテリアとして合皮と本革のどちらがいいのかは、それぞれで重視するポイントによって異なるため、一概にはいえません

    合皮のインテリアは、本革に比べてコストを抑えて手に入れられますが、経年変化によってひび割れを起こすケースがあります。一方の本革のインテリアは、使うごとに肌になじむため、経年変化が楽しめるのが魅力です。しかし高価な商品も多いので、初期投資が必要になるでしょう。

    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    私は本革のソファを検討しましたが、価格で断念した経験があります。しかし一時的に海外に行くことになり、もともと使用していたソファを手放す結果となりました。インテリア選びは、引っ越しや転勤を考慮して選ぶのもおすすめです。


    合皮のインテリアを取り入れるメリット

    合皮のインテリアを持ち上げたイメージ

    合皮のインテリアは、本革に比べて生産時のコストが抑えやすいです。そのため、本革よりも低価格でインテリアが揃えられるメリットがあります

    また合皮は軽い素材なので、ソファや椅子などのインテリアの重さが抑えられるのも魅力です。さらにカビやダニの発生がしにくい点や加工性が高くて好みの色が見つかりやすい点も合皮素材のメリットといえます。


    合皮のインテリアを取り入れるデメリット

    合皮椅子が濡れたイメージ

    合皮のインテリアは、本革に比べると経年変化のスピードが早く、ひび割れを起こすこともあるでしょう。また表面にコーティングした素材が剥がれてしまい、ベタつくケースがあるのもデメリットといえます。

    さらに合皮は熱に弱い性質があるため、直射日光による影響を受けやすいのもポイント。部屋の間取りによっては、インテリアの経年変化を促進させるケースがあることも把握しておくようにしましょう。


    合成皮革がひび割れる原因

    合成皮革がひび割れる原因は、原料に起きる加水分解にあります。加水分解とは、合成皮革の原料となるポリウレタンや塩化ビニールに起きる劣化現象のこと。水分やゴミの付着、紫外線が合成皮革に触れることで反応を起こし、ひび割れにつながります。

    合成皮革は、撥水性が高いといわれていますが、使用期間や使用状況によってひび割れ現象が起きる可能性もあるので注意しましょう。


    合皮素材を使ったインテリアの例

    合皮素材を使ったインテリアには、さまざまな種類があります。それぞれの特徴や使用部位をみていきましょう。

    合皮素材を使ったインテリア:ソファ

    コットン素材の画像合皮素材のソファのイメージ

    合皮は、ソファに使用するケースが多い素材です。天然の革にはない色合いを表現しやすく、商品によっては本革と区別が付けづらいケースもあります。

    また、ファブリック素材のソファに比べて重厚感があるので、高級感が出やすいのもポイント。ヴィンテージ調の部屋にもなじみやすいです。

    合皮素材を使ったインテリア:椅子・ゲーミングチェア

    合皮素材のゲーミングチェアのイメージ

    合皮は、椅子やゲーミングチェアに使用するケースがあります。合皮の椅子は、本革に比べて手入れがしやすいので、ダイニングチェアにもおすすめです。

    また合皮の椅子は、中綿を多く入れると座面がふっくらとボリュームのある仕上がりになります。そのため、長時間座るゲーミングチェアに取り入れるのもよいでしょう。

    合皮素材を使ったインテリア:ベッドフレーム

    合皮素材のベッドフレームのイメージ

    ベッドフレームにも、合皮を使用する場合があります。木製のベッドフレームに比べて、クッション性があるため、万が一ぶつけても大きなケガにつながりにくいのが特徴です。

    そのため、合皮は小さな子どもがいる家庭におすすめのベッドフレーム素材といえるでしょう。また合皮のベッドフレームは、木製のベッドフレームのようにカビが発生しにくいのもポイントです。部屋の構造上、湿気が溜まりやすい場合は、合皮素材のベッドフレームを選ぶのもよいでしょう。

    合成皮革のおすすめな手入れ方法

    柔らかい布で拭くイメージ

    合成皮革の手入れは、こまめに汚れを拭くことがポイントのひとつ。乾いた柔らかい布を用意し、薄めた類用中性洗剤をつけて優しく拭き上げるのがコツです。

    逆に固い布を選んでしまうと、合皮の表面に傷を付けたり表面のコーティングを剥がしたりする場合もあります。また、表面に水分が残ってしまうと、加水分解を起こす原因になるため、仕上げに乾燥した布で拭き上げましょう。



    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    乾拭きをする際は、表面の溝に水分が残らないように軽く抑えるように上からパッティングをするのもポイントです。

    合皮を使ったおすすめのインテリア9選

    ここからは、合皮を使ったおすすめとインテリアを紹介します。

    おすすめ商品  9選
    商品画像 商品名 価格 サイズ
    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー
    ¥29,980~
    3人掛け+オットマン カウチソファセット 『ESTERD エスタード』
    ¥44,980~
    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)
    ¥7,980~
    ファブリック 合皮 木脚 ダイニングチェア レギュラータイプ【単品】
    ¥20,960~
    レザーダイニングチェア 単品
    ¥8,480~
    ダイニングチェア(360度回転式椅子)
    ¥15,980~
    レザー調 フルスペック ゲーミングチェア
    ¥15,980~
    日本製照明付きフロアベッド 『Tonarine』トナリネ ブラック
    ¥28,980~
    セミシングル,シングル,セミダブル,ダブル,キング(SS+SS),ワイドキング190(SS+S),ワイドキング200(S+S),ワイドキング210(SS+SD),ワイドキング220(S+SD),ワイドキング230(SS+D),ワイドキング240(SD+SD),ワイドキング260(SD+D),ワイドキング280(D+D)
    日本製 照明付きフロアベッド
    ¥28,980~
    セミシングル,シングル,セミダブル,ダブル

    それぞれの特徴をみていきましょう。

    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー

    日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー
    ¥29,980~

    ブラックとホワイトの2色から選べるレザーソファです。高さを抑えたフロアタイプなので、子どもやペットが上り下りしやすい仕様。合皮素材を使っているので、持ち上げがしやすくソファ下の掃除にも便利です。

    「日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー」の人気の理由

    「日本製 フロアソファ(2人掛け)レザー」のレビュー

    レビュー
    匿名

    良かったです!
    思ってた以上にふわふわだけど、柔らかすぎずしっかりしています!
    お値段以上の質で、座り心地も最高です。
    色はチャコールブラウンにしました。茶色ではなく、チャコールブラウンなので、グレー味があり、お部屋にとてもマッチしました。
    クッションも2つ付いてきて、ソファと同じ素材なので、触り心地が本当に気持ちいいです。

    匿名

    オフホワイトに近い色
    お気に入りのソファーを買えて満足してます(*^^*)壁の白と、ソファーの色が風合い良くて問題ないです!ちなみにクッションは裏は生地です(*^^*)写真撮りました!


    3人掛け+オットマン カウチソファセット 『ESTERD エスタード』

    3人掛け+オットマン カウチソファセット 『ESTERD エスタード』
    ¥44,980~

    ファブリック素材と合皮を組み合わせたソファ。3人掛けなのでゆったり座れます。またオットマン付きなため脚が伸ばせるのもポイント。濃いめのカラーでも重く見えづらい商品です。

    「3人掛け+オットマン カウチソファセット 『ESTERD エスタード』」の人気の理由

    「3人掛け+オットマン カウチソファセット 『ESTERD エスタード』」のレビュー

    レビュー
    匿名

    ソファ
    猫が1番気にっています。広くてゆったり座れるのでストレスがありません。

    匿名

    ちょうどいい大きさ
    家族3人で座るのにちょうどいい大きさでした。組み立ても簡単でした。とても気に入ってます


    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)

    ダイニングソファ(ヴィンテージ調)
    ¥7,980~

    ダイニングに使用しやすいソファ。ヴィンテージ調の商品なので、落ち着きを与えます。また脚は取り外しが可能。部屋の雰囲気や気分にあわせてソファの高さが変えられます。合皮素材なので、拭くだけで汚れが取れやすいのも魅力です。

    「ダイニングソファ(ヴィンテージ調)」の人気の理由

    「ダイニングソファ(ヴィンテージ調)」のレビュー

    レビュー
    匿名

    大満足です。
    普段は2人ですが、娘2家族が近くにおり、
    喜んでいます。

    匿名

    良い買い物でした!
    幅が少し狭めの2人掛けソファを探していて、ネット購入で少し不安でしたが、とても部屋にマッチして良い買い物でした。コストパフォーマンス高いと思います。
    別で抱き枕ぐらい大きなクッションを背もたれの上に置くと、ネックレストする高さも確保できたので心地いいです。


    ファブリック 合皮 木脚 ダイニングチェア レギュラータイプ【単品】

    ファブリック 合皮 木脚 ダイニングチェア レギュラータイプ【単品】
    ¥20,960~

    丸みのあるデザインが魅力のダイニングチェア。素材は合皮とファブリックの2種類から選べます。またレギュラータイプのほかに、座ったまま向きが変えられる回転式も展開。使用シーンにあわせて好みの商品が選べます。

    「ファブリック 合皮 木脚 ダイニングチェア レギュラータイプ【単品】」の人気の理由

    「ファブリック 合皮 木脚 ダイニングチェア レギュラータイプ【単品】」のレビュー

    レビューはまだありません。

    レザーダイニングチェア 単品

    レザーダイニングチェア 単品
    ¥8,480~

    レザー素材を使ったダイニングチェア。背中からお尻まで包み込むような座り心地が特徴です。シンプルなデザインなので、部屋になじみやすいのもポイント。お店用の椅子にもおすすめです。

    「レザーダイニングチェア 単品」の人気の理由

    「レザーダイニングチェア 単品」のレビュー

    レビュー
    匿名

    レザーダイニングチェアのダークブラウンを購入しました。
    実物の色味は、ブラウンカラーの写真の方が近いです。
    組み立てはネジ4本で脚を固定して完了というシンプルな形で、女性1人で行いましたが対応可能でした。
    色味が少々不満ですが、座り心地も良く、コスパとても良いと思います。

    匿名

    ダイニングチェアー
    組み立ては大変でしたが
    デザインは想像通りで気に入ってます。


    ダイニングチェア(360度回転式椅子)

    ダイニングチェア(360度回転式椅子)
    ¥15,980~

    木材とレザーを組み合わせたダイニングチェア。使い勝手のよいデザインで、リビングになじみやすいです。また回転式なので、座ったまま向きが変えられます。滑らかな肌触りで上質な見た目なのも魅力です。

    「ダイニングチェア(360度回転式椅子)」の人気の理由

    「ダイニングチェア(360度回転式椅子)」のレビュー

    レビュー
    匿名

    優しいチェア
    多少重たいですが、肘当てがあり360度回転OK。
    足腰が弱い方でもくるっと廻して肘につかまり立ちが出来るお年寄りにも優しい椅子です。

    組み立ても70代の私一人でも4脚を1−2時間で出来ました。
    時間が出来たら肘掛けの箇所を少し光沢を付けてみようかと思っています。ありがとうございました。

    匿名

    座り心地がいいです
    省スペースなのに、ゆったり座れます。回転するので、椅子を引いたままでも座れるのがいいです。


    レザー調 フルスペック ゲーミングチェア

    レザー調 フルスペック ゲーミングチェア
    ¥15,980~

    レザーを使ったゲーミングチェア。リクライニングは、約130度まで可能でフットレストも上げられます。休憩時に体を休められるのもポイント。デスクワーク用のチェアにもおすすめです。

    「レザー調 フルスペック ゲーミングチェア」の人気の理由

    「レザー調 フルスペック ゲーミングチェア」のレビュー

    レビュー
    匿名

    とてもいいです、買ってよかった☺️
    受験生の子供が使ってますが、すごくよくて、勉強も捗るそうです。安定感もあり、ちょっと休憩もリクライニングできて、足ものせることができて、もっと早く欲しかった‼️と言っていました。組み立ては2人でやりましたが、それほど難しくもなく、30分もあれば十分でした。

    匿名

    柔らかく、体の重みでリクライニングします!
    白いゲーミングチェアを購入しました。
    1人で小1時間で組み立て出来ました!
    出来上がりもとても素敵で、満足しています


    日本製照明付きフロアベッド 『Tonarine』トナリネ ブラック

    日本製照明付きフロアベッド 『Tonarine』トナリネ ブラック
    ¥28,980~

    子どもが使いやすい高さが特徴のフロアベッド。合皮張りのベッドフレームは、万が一ぶつけてもケガをしにくい仕様です。ヘッドボードは照明や棚付き。機能性に優れているのも魅力です。


    「日本製照明付きフロアベッド 『Tonarine』トナリネ」の人気の理由

    「日本製照明付きフロアベッド 『Tonarine』トナリネ」のレビュー

    レビューはまだありません。

    日本製 照明付きフロアベッド

    日本製 照明付きフロアベッド
    ¥28,980~

    仕切り付きのヘッドボードを設置したロースタイルのベッド。フロアタイプなので、小さな子どもでも上り下りが容易です。またヘッドボードには、照明やコンセントも付いています。ベッドの上で過ごしやすい機能が備わっているのも特徴です。

    「日本製 照明付きフロアベッド」の人気の理由


    「日本製 照明付きフロアベッド」のレビュー

    レビュー
    匿名

    使い勝手はいいです
    組み立ても簡単で使い心地もいいです。ただ部分的に安っぽいところが☆が四つの理由です。

    合皮や革素材にまつわる疑問

    合皮を使ったインテリアのイメージ

    最後に、合皮や革素材にまつわる疑問について紹介します。

    レザーとは革のことですか?

    レザーは、革を表す言葉です。通常「革」は皮をなめした状態を指します。毛や脂肪を剥ぐことで「皮」から「革」に表記が変わります。

    また合成皮革や人工皮革は、英語表記でレザー(leather)と表すこともあるでしょう。天然素材ではありませんが、人工的な素材をレザーと呼ぶこともできます。

    合成皮革の素材はポリエステル以外にありますか?

    合成皮革の素材は、ポリエステル以外にナイロンが挙げられます。ポリエステルは衝撃に強く、ナイロンは引っ張りに強い素材です。どちらもほかの合成繊維に比べて摩擦や摩耗への耐性があるとされています。

    合成皮革はどれくらいでボロボロになりますか?

    合成皮革を使ったインテリア(ソファや椅子)の寿命は、約3〜7年といわれています。使用状況や手入れの頻度によっても異なりますが、2〜3年目から経年変化を起こすケースが多いでしょう。

    しかし、加水分解が起きないように手入れをすれば、経年変化のスピードも抑えやすくなります。



    工藤 智也
    監修者のコメント
    『RASIK LIFE』編集長
    工藤 智也
    合成皮革を使ったインテリアは、色選びも重要。ベージュや白などの明るいカラーは、ブラックやダークブラウンなど濃い色に比べてひび割れ等も目立ちにくいです。

    まとめ

    本記事では、合皮素材について詳しく解説しました。合皮には、メリットとデメリットがあります。素材を理解することで、インテリア選びもしやすくなるでしょう。またひび割れを起こす原因や手入れ方法も紹介したので、合皮素材のインテリアを検討中の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

    よくある質問

    合皮とはどのような素材ですか?

    合皮は、動物の皮が一切使われていない素材のことです。主な原料には、ポリエステルやナイロンが挙げられます。

    >>合皮についてはこちら

    合皮を使ったインテリアにはどのようなメリットがありますか?

    本革に比べてコストを抑えた商品が多い傾向にあります。また軽い素材なので、インテリアに取り入れると移動がしやすいです。

    >>合皮をインテリアに取り入れるメリットについてはこちら

    関連記事一覧

    フローリングにマットやカーペットを敷くデメリットとは?カビ発生の防止策も紹介
    フローリングにマットやカーペットを敷くデメリットとは?カビ発生の防止策も紹介
    北欧テイストの部屋はどうやってつくる?北欧風インテリアの実例やおすすめ家具も紹介
    北欧テイストの部屋はどうやってつくる?北欧風インテリアの実例やおすすめ家具も紹介
    ワンルームはやめたほうがいい人の特徴とは?間取りのレイアウト例やおすすめの家具も紹介
    ワンルームはやめたほうがいい人の特徴とは?間取りのレイアウト例やおすすめの家具も紹介
    プロジェクターは寝室での使用が適してるって本当?置き方やおすすめな理由も紹介
    プロジェクターは寝室での使用が適してるって本当?置き方やおすすめな理由も紹介
    居心地のいいヌックとは?間取りやレイアウト実例と後悔しないためのポイントを紹介
    居心地のいいヌックとは?間取りやレイアウト実例と後悔しないためのポイントを紹介
    モダンテイストな部屋とは?定義や人気の理由からおすすめインテリアまで紹介
    モダンテイストな部屋とは?定義や人気の理由からおすすめインテリアまで紹介
    フローリングにベッドの直置きはやめたほうがいい?へこみ防止対策やおすすめ商品を紹介
    フローリングにベッドの直置きはやめたほうがいい?へこみ防止対策やおすすめ商品を紹介
    おすすめ寝具を一覧で紹介!マットレス選びの重要性や各商品の特徴についても解説
    おすすめ寝具を一覧で紹介!マットレス選びの重要性や各商品の特徴についても解説